MENU

    「バイカ」の口コミ評判!amazonギフト券買取おすすめサイト調査

    大手通販サイトの金券であるamazonギフト券を買い取りをしたいと考えているケースは、意外と少なくありません。

    実際に未使用のamazonギフト券が眠っていたり、買ったけど不要になったギフト券も多くあります。

    そんなamazonギフト券を買い取ってもらいたい場合、検討したいのが大手amazonギフト券買取のバイカです。

    今回は、バイカの基本情報や口コミ、特徴や振り込みスピード、気になる換金率について解説していきます。

    また、バイカを利用するにあたっての注意点など利用するにあたって知っておきたい情報にも触れながら解説します。

    メディア編集部
    この記事を読むことで、Amazonギフト券買取で定評のあるバイカの特徴や実際の利用した感覚、便利さなどを知ることができるでしょう。

    即日対応!バイカ買取詳細
    https://www.smartcareer.net/

    目次

    バイカの基本情報

    バイカの基本情報

    運営会社(株)七福堂
    公式HPhttps://www.smartcareer.net/
    住所東京都豊島区東池袋1-36-7
    営業時間24時間・年中無休
    キャンペーン特になし
    設立日2012年2月
    E-mailinfo@smartcareer.net
    振込手数料無料
    取り扱いギフト券・Amazonギフト券
    ・itunesカード

    このようにかなりの情報が開示されており、電話番号とメールアドレスまで公開しているのは好感が持てます。

    ただし、一般的な金券ショップでは明示されている古物商の営業許可などが出ていない点が若干マイナスといえるでしょう。

    公式サイトでは古物商の許可を得ているとしていますが、サイト内に番号の明示がありませんでした。

    それでもメールアドレスや固定電話の設置、株式会社が運営している点などamazonギフト券買取業者としては、信用できそうな体制です。

    バイカの口コミ評判

    気になるバイカの口コミを5つ、紹介していきましょう。

    多くの利用者がいるため、良い口コミだけではありませんが、全体的に良いイメージを持っている口コミが多く見られました。

    バイカは少額の買取を行ってくれる点が魅力的でしたね。amazonギフト券買取業者によっては、最低限1万円以上が必要ですが、たった5,000円のamazonギフト券でも買い取ってくれました。手続きもスムーズで、買取依頼した分のギフト券が現金になって口座に振り込まれたときはうれしかったですね。眠っているギフト券をどんどん現金化すると良いと思います。

    新規利用でしたが、思ったより買取率が高く満足しています。ただ、数万円程度の利用だったので、最大換金率に比べると若干低めになっているので、その点は気持ち的に残念でした。ただ、業者によっては非常に低い買取率というケースも多いので、バイカを利用して正解だったと思います。

    家で眠っていたamazonギフト券を現金化することができました。他の業者に依頼したら1万円未満だと対応できないと断られていただけに、うれしかったですね。夜に思いついて連絡を取ったら翌朝には振り込まれていました。最短時間を考えると、かなり時間がかかっていますが、それでも急ぎではなかったので、とても便利に利用することができ、満足しています。

    最短10分なのに5時間くらいかかりました。月初めの午前中に初めて利用したのですが、振り込まれたのは夕方。翌日に持ち越さなかった分まだましだと思っていましたが、かなり待たされましたね。最短じゃなくて平均何分か教えてくれるとうれしかったです。10分だと思って利用しようとした方は、きっと大変な目に遭っていると思いますよ。

    初回買取は、高くてとても魅力的でした。しかし、2回目以降はスピードが一気に上がるものの、買取率が一気に下がってしまうのは残念です。他の業者よりはましかもしれませんが、何とか下がりにくくする方法はないのでしょうか。

    バイカは、手続きがスムーズにできることと初回の換金率が高いことが魅力です。そのため、amazonギフト券を初めて買取してもらいたい方には、とても利用しやすい業者といえるでしょう。

    メディア編集部
    ただ、悪い口コミを見ると2回目以降の換金率はダウンしてしまう傾向があり、その点を注意して利用しなければいけません。
    しかし、全体的にはポジティブな口コミが多かったので、悪い業者とは言えないでしょう。

    バイカがamazonギフト券買取で選ばれる5つの特徴

    バイカがamazonギフト券買取で選ばれる5つの特徴
    バイカが選ばれるのは、次の5つの特徴があるからです。

    これらについて解説していきましょう。

    サポートの充実

    まず、サポートの充実は初心者にとって大きな特徴といえるでしょう。

    実際サポートは、amazonギフト券とはどんなものかといったごく初歩的な質問に対してもきちんと説明してくれます。

    現金化までの流れについても分かりやすく説明してくれて、手取り足取り現金化の手続きのガイドを行うのが特徴です。

    iTunesカードも取り扱っているので、並行して現金化する際もガイドが期待できるサービスになっています。

    もちろん、amazonギフト券の現金化に慣れている方でも納得のガイドを行っているので、全ユーザーから高い満足度を得ています。

    振込手数料が0円

    振込手数料が無料な点も、バイカの特徴です。amazonギフト券の買取業者は、換金率が高くとも振込手数料で現金化の金額が差し引かれるケースも少なくありません。

    しかしバイカでは、都市銀行でもネット銀行でも、あるいは地方銀行やしんきん、ろうきんといった金融機関でも手数料が0円です。

    こういったサービスを行っているamazonギフト券の買取業者は少ないため、バイカの特徴として挙げられるでしょう。

    クーポン券の配布

    クーポン券の配布も行っています。先ほど口コミでも出た、2回目の換金率の低下を補うサービスです。

    クーポン券を利用することで換金率がアップし、2回目以降の換金率も上げられるメリットがあります。

    常に配布しているわけではありませんが、定期的に行っているため、こまめにバイカの情報をチェックすることで、手に入れらます。

    特別レート

    特別レートもバイカの特徴といえるでしょう。特別レートとは、条件を満たすことで初回だけでなく2回目以降の換金率もアップするサービスです。

    そのアップ率は、初回で3~4%、2回目以降では4%というレートを設定しています。バイカでは特別レートを適用させることによって、かなり高い換金率が期待できるでしょう。

    積極的な情報提供

    積極的な情報提供も、バイカの特徴です。公式サイトでは、定期的にお知らせのところで、新しいサービスの案内や現金化に関する様々な情報を提供しています。

    この情報は貴重であり、とてもわかりやすくなっているのが特徴です。

    バイカの換金率や振込スピードについて調査

    メディア編集部
    バイカの換金率や、振り込みスピードについても解説していきましょう。比較サイトとして、バイカと次の人気4業者を対象にまとめました。
    【人気比較買取サイト】

    これらについてそれぞれ数字を交えながら解説していきましょう。

    まず、バイカの換金率について他の業者と比較してみます。

    ギフト券買取業者最大買取率振込手数料
    バイカ88%無料
    買取マンボウ98%無料
    買取本舗79%無料
    ギフトグレース87%無料
    アマトレード89%無料

    Amazonギフト券買取業者は数多くあり、それぞれで異なる買取率や振込手数料が設定されています。

    そこでここからは、バイカと他4社を最大買取率と振込手数料の2つの観点から比較してみましょう。

    最大買取率については、買取マンボウが98%とかなり高い数値となっていますが、バイカもそれに次ぐ水準です。

    5社の中で最も低い買取本舗が79%であることを考えると、かなりの高額買取に期待できます振込手数料に関しては、いずれの業者も無料でした。

    次に、通常の買取率に注目して比較しましょう。

    ギフト券買取業者初回2回目以降
    バイカ77%74%
    買取マンボウ90%89%
    買取本舗79%77%
    ギフトグレース76%72%
    アマトレード85%83%

    バイカでは、初回買取時と2回目以降の買取時では異なる買取率が設定されていて、初めての利用時の方が高値で買い取ってもらえるのが期待できます。

    また、5社の中でも最も低いギフトグレースが初回76%、2回目以降72%ということを考えると、平均的な買取率を考えてもかなりの低めの数値になっています。

    しかし、特別レートを適用させることで買取本舗を超える買取率が期待できるでしょう。ただし、バイカに比べると若干低めになっている点が惜しいポイントです。

    ちなみにすべての業者に言えることですが、amazonギフト券がEメールタイプ以外は非常に買取率が低下します。

    バイカの場合では、カードタイプなど他のタイプでは、最大62%と非常に低い換金率になってしまいます。他の業者では、この換金率よりもさらに低くなることもあるので、注意が必要です。

    最後に、振込スピードに注目して比較しましょう。

    バイカ最短5分
    買取マンボウ最短10分
    買取本舗最短5分
    ギフトグレース最短10分
    アマトレード最短10分

    バイカは振込スピードで比較するとやや早い水準です。しかし、これは2回目以降の利用や、空いている時間など理想的な条件がそろった場合に得られるものです。そのため、これらの数字をそのまま比較に使うのは困難といえるでしょう。

    そこで、実際の口コミなどで比較するとこういった数値になります。

    バイカ実質1時間以上
    買取マンボウ実質1時間以上
    買取本舗実質1時間以上
    ギフトグレース実質1時間以上
    アマトレード実質数時間以上

    バイカは、5社の中でも実質では平均的な換金スピードであり、公式サイトの数値のような差はありません。

    また、最も遅いアマトレードに比べると、かなりハイスピードでの換金が期待できます。

    このようにバイカと他の業者との比較では、バイカの振り込みスピードが平均以上である点に注目と言えるでしょう。

    そのため、振込スピードでバイカを選んでも、そこまで不便を感じることなく利用できるのがポイントです。

    ただ、すべての業者に共通することとして、1点注意すべきことがあります。

    それは、ギフト券はEメールタイプの場合が10分程度で買取可能なものの、カードタイプや印刷タイプのものは手続きにどうしても時間がかかることです。

    メディア編集部
    こういったタイプのものは、いきなり1時間以上かかるケースもあるので注意しましょう。
    バイカ【本日の買取レート】
    見積もりをする(無料)

    バイカの振込可能な時間と振込可能な金融機関について教えて!

    バイカの振込可能な時間と、振込可能な金融機関についても解説していきましょう。

    まず、振込可能な時間は24時間です。そのため、深夜や早朝の依頼であっても振込対応が可能となっています。

    ただし、2つの注意点があります。それは、深夜や早朝の時間は振り込みがとても遅くなること、24時間振り込みに対応していない金融機関は翌営業日になることです。

    バイカは、深夜や早朝の振り込みがとても遅くなります。その理由として考えられるのが、昼間の体制とは異なった体制になっていることが考えられます。

    例えば、人数が昼間よりも少なくなっている場合、対応できる人数も減ります。利用者が減る時間帯であっても一定数の利用者がいるので、その対応が間に合わない可能性も否定できません。

    バイカは深夜や早朝に振込対応は行っているものの、入金手続きや相手の確認などの処理に時間がかかります。そのため、深夜に依頼したのに振込まれたのは、翌朝というケースも珍しくありません。特に初めて利用する場合は、手続きなどに多くの時間が必要になります。

    例えば、深夜に依頼した場合は、翌朝のしかも10時ごろといったように、10時間近くかかるケースも考えられるので注意しましょう。

    深夜や早朝に依頼する場合は、急ぎでないこと、そして2回目以降の利用というイメージで利用するのがおすすめです。

    24時間振込に対応していない金融機関は、翌営業日になる点も注意です。金融機関には、モアタイムというシステムに対応している金融機関と対応していない金融機関があります。

    このシステムは、銀行間での平日夜間・土日祝日における即時入金時間を拡大するもので深夜早朝、土日祝日も振り込みできます。

    一方、対応していない金融機関は土日祝日の振り込みに対応していないだけでなく、コアタイム(平日8:30~15:30まで)の時間内だけしか振込みできません。そのため、いくらバイカが24時間振込で日曜日の深夜に行ったとしても、対応していない金融機関の場合は、翌営業日の8:30ごろに振り込まれます。

    たとえば、土曜日の朝に手続したとしても、振り込まれるのは翌営業日、つまり平日の月曜日の午前中になってしまいます。

    振込スピードが速いバイカであっても、システムの壁によって最悪数日以上かかるのです。おすすめとしては、バイカと相性が良いモアタイムに対応した金融機関を振込先に設定することです。

    バイカが対応可能な金融機関は、日本の金融機関の日本の支店すべてをカバーしています。大手の都市銀行はもちろん、地元の地方銀行、信用金庫、労金、JAバンクやゆうちょ、さらにマリンバンクも対応しています。

    さらに、ネット銀行も利用ができるのが特徴です。ただし、バイカのいつでも利用しやすい金融機関は先ほども紹介した、モアタイムに対応した金融機関です。

    これは、都市銀行、一部の地方銀行や信用金庫、多くのネット銀行や労金、ゆうちょ銀行、JAバンクやマリンバンクなどが挙げられます。

    モアタイムに対応していることで、バイカの休日振り込みや夕方の振り込みなどに対応できます。

    つまり、真の意味でバイカに対応している金融機関は、これらのモアタイムに対応した金融機関といえるでしょう。

    バイカの買取から現金化までの流れ解説

    次に、バイカの買取から現金化までの流れを解説していきます。その流れは以下の通りです。

    STEP
    amazonギフト券の用意

    最初にamazonギフト券の用意をします。amazonギフト券の様々なタイプに対応しているものの、3,000円を超えていないと買い取りに対応してもらえないので、注意が必要です。
    自分が依頼する金額は、総額でいくらかを事前にチェックしておきましょう。
    また、バイカでは手続きのスムーズさから、「Eメールタイプ」のamazonギフト券の利用をおすすめしています。
    注意点としては、アカウントに登録してしまわないことです。登録済み(チャージ済み)の場合、買取ることができません。

    STEP
    サイトにアクセス

    次にバイカへの申し込みを行います。可能であれば、事前にホームページ上に掲載されている買取査定システムを利用して買取額を自分でチェックしましょう。
    また、利用規約や条件をしっかりと読んでおくこともおすすめです。ここまで出来たら、公式サイトにアクセスを行い、買取の申込みフォームに必要事項を入力して下さい。
    この時、初回利用の場合は本人確認として運転免許証(表裏両面の写真)、保険証(裏面に住所記載があるもので表裏両面の写真)、住基カード(表裏両面の写真)、マイナンバーカード(表面の写真のみ)のいずれかを用意します。

    STEP
    バイカの連絡を受ける

    送信が終わったら、バイカからの連絡を待ちましょう。
    買取バイカからのメールが受信できるように迷惑メール設定の確認を行います。この連絡の早さは初回利用よりも2回目利用の方がスピーディーです。
    注意点としては、月初は買取の依頼が殺到し大変混雑する為、返信に時間がかかるという点が挙げられます。
    急ぎでなければ、月半ばなどの時期を選んで利用するのがおすすめです。

    STEP
    amazonギフト券のコードを送信

    連絡が来たら、バイカの案内に沿ってamazonギフト券の送信を行います。コードを送るだけなのでとても簡単ですが、送ってしまうとバイカの手続きのキャンセルができなくなります。
    キャンセルするかもしれない場合は、ギフト券を送信する前に必ず行うようにしましょう。

    STEP
    振込完了

    最後に指定した口座に現金が振り込まれて完了です。買取の振込手数料はバイカでふたんするため、振込手数料を気にすることなくお金を受け取れる仕組みになります。振込み手続きが行われた時点でバイカからメールで連絡が来ます。
    もし、メールが来たのに入金されていない場合は、自分の利用している銀行口座が先ほど紹介したモアタイムに対応した金融機関かどうかを確認しましょう。

    バイカを利用する際の注意点について

    バイカを利用する際の注意点は、3つあります。

    といった点です。それぞれ、詳しく解説していきます。

    ギフト券の種類によって買取額が下がる

    ギフト券の種類によって、買取額が下がります。これはバイカに限ったことではありませんが、種類が変わるとレートが下がる場合があります。

    例えば、Eメールタイプ(バイカで推奨)であれば高額買取が期待できますが、それ以外のタイプでは、ややレートが下がります。

    少しでも高額買取をしてもらいたい場合は、Eメールタイプで依頼しましょう。

    モアタイムに対応していない場合は数日後になる

    モアタイムに対応していない金融機関を振込先にすると、振り込みが数日先になる場合もあります。

    いくらバイカが休日に振込を行っても受取先が対応していないと先ほど触れたとおり、金融機関の翌営業日になってしまいます。

    買取本舗を利用したことがある方は初回利用とみなされない

    買取本舗を利用した方も注意です。バイカと買取本舗は運営会社が同じで、顧客管理も一元化している可能性があります。そのため、バイカでは買取本舗利用者もバイカ利用経験者とみなし、2回目以降の買取率を適用するケースも見られます。

    このような注意点を知って利用しましょう。

    バイカの振込は遅い?調査してみました

    「バイカの振り込みは遅い」と言われることがあります。しかし、結論を先に言えば、決して遅くはありません。

    実際に利用した方の中では、10分で振り込まれたという方も多くいます。一方で遅いといわれているのは事実で、実は理由があります。

    それは、「月末月初の利用をした」「初回利用だった」「特急券プランが廃止された」ということです。

    月末月初は、バイカに限らずすべての買取業者の買取時間が遅くなるので仕方ないことです。しかし、バイカを利用したタイミングが、そのタイミングだった場合、非常に遅く感じるでしょう。

    初回利用の方もバイカを遅く感じるかもしれません。最短の時間は2回目以降の利用をしている方に適応されています。そのため、最短時間よりも時間がかかる場合が多いことから、バイカは遅いと判断しているのです。

    最後は特急券プランの廃止です。バイカでは、どんな状況でも早く振り込みを行う特急券プランが設定されていました。

    しかし、様々な事情で廃止されてしまったのです。そのことから、バイカは遅くなったと思う方も多いのではないでしょうか。

    このように遅いと思われてしまう理由があるために、バイカは遅いと言われるのです。

    バイカでよくあるQ&A

    バイカは24時間営業ですか?
    24時間営業です。メールや電話も同様に24時間滞納なので、分からない点があれば気軽に連絡してください。
    バイカは月初に混み合うと聞いたのですが...
    特に月末・月初は混み合う事が多く、ご迷惑をおかけすることもあります。 可能であれば、それ以外の時期に利用していただくとスピーディーに買取を行います。
    バイカで買取可能なAmazonギフト券のタイプは何がありますか?
    基本的にほぼすべてのギフト券タイプで以下のタイプを買い取っています。 ・ボックスタイプ ・封筒タイプ ・マルチパック ・印刷タイプ ・カードタイプ(グリーティングカードタイプ) ・商品券タイプ ・Eメールタイプ ただし、Eメールタイプ以外は買取価格が下がってしまうのでご注意ください。

    バイカのamazonギフト券買取率や振込スピードについてまとめ

    amazonギフト券の買取サイト、バイカについて会社概要から特徴、口コミやポイントなどを解説してきました。

    今回の解説からバイカは、他の買取業者よりも情報発信を積極的に行っていることが最大の特徴といえるでしょう。

    例えば、公式サイトでamazonギフト券の買取についての記事を書いていたり、各種のサービスを紹介していたりといったことが挙げられます。

    しかもその更新頻度は高く、ホームページと申し込みフォームを作って、あとは一切更新しないという業者もいる中、特徴的といえます。

    情報を積極的に発信することで、利用者の立場に立ったリアルな情報・お得な情報の提供や買取姿勢を感じることができます。この点は、バイカが優れていると高く評価できるポイントです。

    さらに、年中無休で24時間対応という体制から口コミも好意的なものが少なくありませんでした。

    ただし、月末月初の利用や初回利用は買取に時間がかかることもあるので、利用するタイミングに注意しましょう。

    バイカTOPへ戻る
    見積もりをする(無料)
    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる