MENU

    クレジットカード現金化の手数料って何?4つの手数料と抑えるポイント

    クレジットカード現金化を利用する上で1番気になるのが換金率です。
    ホームページに記載されている換金率を見てみると、「うわ、結構いいな」と、思ってしまいますよね?

    メディア編集部
    しかし、これには落とし穴があるのです
    そう、クレジットカード現金化では必ず手数料が取られることを忘れてはいけません!

    クレジットカード現金化にかかる手数料とは何か、どのくらいかかるのか、クレジットカード現金化をする際に手数料を抑えるための業者選びの方法もご紹介していきます。

    目次

    クレジットカード現金化の方法

    クレジットカード現金化の方法は主に2種類です。
    クレジットカード現金化の方法

    ・商品買取方式
    ・キャッシュバック方式

    メディア編集部
    詳しく知らない方のためにそれぞれの違いをご紹介していきますね
    商品買取方式

    まずは流れを見ていきましょう
    1.買取り(現金化)業者へ来店する
    2.指定された商品をクレジットカードで購入する
    3.商品をもって再び来店
    4.現金を受け取る

    商品買取方式とは、現金化業者が利用者に商品を指定し、利用者は指定された商品をクレジットカードで購入する方法です。
    現金化業者がその商品を現金で利用者が購入した商品を買い取ってもらうことで利用者に現金が入ります。
    商品の価格との差額が業者の利益となります。
    キャッシュバック式よりも入金までに時間がかかり、クレジットカードの利用停止リスクが高いという最大のデメリットもありますが、キャッシュバック式のようにクレジットカードの情報を伝えなくて良いのがメリットです。

    メディア編集部
    簡単に言うと、商品買取方式は換金性の高い商品を業者に買い取ってもらう方法です
    キャッシュバック方式
    メディア編集部
    こちらもまずは流れから見ていきましょう

    1. 現金化業者へ電話やメールで申し込む
    2.指定された商品をクレジットカードで購入する
    3.決済確認後、現金化業者から振り込まれる

    キャッシング方式は、利用者は現金化業者が販売する商品をクレジットカードで購入します。
    この商品に対してキャッシュバック特典がついており、購入したことが確認できると、現金化業者から現金がキャッシュバックされるという仕組みになっています。
    つまり、キャッシュバック式は無価値の商品を高額でやり取りして、キャッシュバックするという「名目」で現金を手に入れる方法です。
    購入金額とキャッシュバック金額との差額が業者側の利益となります。
    キャッシュバック式はクレジットカードの情報を教えなければならないというデメリットがありますが、早ければ申し込みから入金まで10分以内であることもあれば、クレジットカードの利用停止リスクが抑えられるというメリットがあります。

    メディア編集部
    キャッシュバック方式は業者指定のキャッシュバック付き商品を購入することで代金が振り込まれる方法というわけです

    クレジットカード現金化の換金率は商品買取方式ならば、電話や来店して確認しますが、キャッシュバック方式を採用する現金化業者はインターネットサイト上でのみの運営であることがほとんどです。
    そのため、大半の現金化業者はホームページに換金率を記載しています。

    メディア編集部
    例えばこんな風に…
    アークの換金率
    しかし、これを鵜呑みにしてはいけません!!
    なぜなら、一般的には表示換金率から手数料を引いた金額が入金額となるからです。

    メディア編集部
    では、クレジットカード現金化における「手数料」とは具体的に何なのか次項で見ていきましょう

    クレジットカード現金化にかかる4つの手数料

    クレジットカード現金化にかかる手数料は全部で4つです。
    クレジットカード現金化にかかる4つの手数料

    ・クレジットカードの決済手数料
    ・金融機関への振込手数料
    ・商品の送料
    ・消費税

    メディア編集部
    それでは、手数料の内容について詳しく見ていきましょう
    クレジットカードの決済手数料

    キャッシュバック方式のクレジットカード現金化を利用する際には、クレジットカード決済手数料が発生します。
    なぜならキャッシュバック方式はクレジットカード現金化業者が決済を行うためです。
    クレジットカードには以下のような種類があります。

    ・VISA
    ・マスターカード
    ・JCB
    ・アメリカンエクスプレス(AMEX)
    ・ダイナースクラブ

    決済手数料は各銘柄によって異なり、中でも高いのがJCBとAMEXです。

    メディア編集部
    JCBカードを利用してクレジットカード現金化をされた方の口コミをご紹介しますね
    換金率が70%を割ってしまいました。あまりにも換金率が悪かったので現金化業者にクレームを入れたのですが、JCBカードを利用すると決済手数料が高いので、入金額も下がりますと言われました
    金融機関への振込手数料

    振込み手数料は、クレジットカード現金化にいずれの方法を利用した際にもかかる手数料ですが、例えば、金券ショップなどで商品を現金化する場合にはこの限りではありません。
    振込手数料も金融機関によって異なりますが、100~1,000円程度かかります。

    ただし、どんな金融機関に対しても振込手数料が無料の金融機関もあるので、現金化業者がそういった金融機関を利用しているのであれば、振込手数料はかかりませんが、振込手数料で儲けようと考える業者であれば、振込手数料は発生するでしょう。

    メディア編集部
    振込手数料無料」と掲げている現金化業者もあるので、そういった業者を利用すると、振込手数料分だけ多く入金してもらうことができますよ
    商品の送料

    キャッシュバック方式の場合、入金後カード決済で購入した商品が指定した住所へ配送されます。
    商品を配送するのも無料ではありません。
    そのため、配送料として1,000~2,000円とられてしまいます。

    消費税

    キャッシュバック方式を利用した際には、消費税がかかります。
    換金率から10%の消費税が引かれます。

    メディア編集部
    消費税がアップしたことで、利用額が多ければ多いほどかなり換金率も下がってしまうのです
    ここがポイント!
    ただし、特に高額の現金化をしようと思っている方は消費税を取らない現金化業者もあるので、そちらを利用することをおすすめします。

    クレジットカード現金化での手数料を抑えるための業者選びの方法

    メディア編集部
    クレジットカード現金化の際に発生する手数料は結構あることがわかりましたよね?
    では、クレジットカード現金化での手数料を抑えるための業者選びの方法をご紹介していきます。
    クレジットカード現金化での手数料を抑えるための業者選びの方法
    メディア編集部
    ポイントは3つです!

    ・優良業者を選ぶこと
    ・換金率の高さで業者を選ばない
    ・手数料が極力かからない現金化業者を選ぶ

    メディア編集部
    それでは、細かく選び方の内容を見ていきますよ
    優良業者を選ぶこと

    クレジットカード現金化の際に発生する手数料を抑えるためだけでなく、クレジットカード現金化をするなら絶対に優良業者を利用してください。

    ここがポイント!
    特に、インターネットサイトのみで運営している無店舗型の現金化業者は悪徳業者が多く、全業者の8割以上が悪徳業者だと言われているほどなのです。
    優良業者を見分ける方法は以下の通りです。

    ・比較サイトをチェックする
    ・口コミや評判などをチェックする
    ・ホームページの会社概要を見る

    こういった方法なら、現金化素人の方でも簡単に判断することはできます。
    比較サイトなら、現金化のプロがリアルに評価しているサイトが存在しますし、口コミや評判はクレジットカード現金化に特化したものや2ちゃんねるなどで確認できますよね。
    また、現金化業者のホームページの会社概要も、その現金化業者がブラックかホワイトを判断する材料となるのです。
    例えば、業者の所在地が番地までしっかりと記載されているのか、代表者名は表記されているのか、こういった一般企業のホームページでは当たり前の項目が悪徳業者の場合には記載されていないので、すぐに優良業者か悪徳業者か判断することができます。

    換金率の高さで業者を選ばない

    クレジットカード現金化をする際に、利用者はどうしても換金率を最も重要なポイントとしてとらえがちです。

    メディア編集部
    しかし、それが手数料を多くとられる罠となるかもしれないのです!
    一般的に、クレジットカード現金化の相場は70〜80%です。
    優良業者ともなれば常に80%以上であることはもちろん、利用額が大きければ90%以上になることもあるのです。
    ところが、現金化業者のホームページには「最大換金率98%!」と、掲げられていて、実際利用してみると、70%台だった、もしくはそれ以下だったなんて口コミがよく見受けられます。
    メディア編集部
    つまり、これは膨大広告なのです!そして、悪徳業者である可能性も高いです
    そもそも、換金率を98%でやっていたら現金化業者にとって利益が得られないので、不可能な換金率です。
    ここがポイント!
    こういった誇大広告を出している現金化業者を利用してしまうと、相場よりも高い手数料を取られてしまったり、詐欺の被害に遭う可能性もあるので十分に注意しなければなりません。
    手数料が極力かからない現金化業者を選ぶ

    前述の通り、現金化業者の中にはご紹介した手数料の内のいずれか(いくつか)の手数料を取らない現金化業者も存在するのです。
    手数料があまりかからない現金化業者を選ぶことで、手数料は最小限に抑えられ、入金額もアップします。
    手数料がどれくらい発生するのかは現金化業者を利用する前に現金化業者へ直接問い合わせてください。
    クレジットカード現金化の方法や利用するカードの種類、また、現金化業者によって、かかる手数料は変わってきます。

    メディア編集部
    初めてクレジットカード現金化を利用する方は、いくつかの現金化業者に問い合わせてみると良いかもしれませんね
    ここがポイント!
    繰り返しとなりますが、クレジットカード現金化での手数料は、現金化のやり方や各現金化業者などによって異なります。
    そのため、現金化業者選びはとても重要であることがわかっていただけましたよね。
    メディア編集部
    「でも、どうやって手数料が少ない業者をチェックすれば良いの?」「いちいち気になる現金化業者1つ1つに確認するのは面倒」なんて思っている方のために、後程クレジットカード現金化で手数料が少ない優良現金化業者をご紹介しますので、ご安心ください

    自分でクレジットカード現金化なんてあるのをすると手数料が発生しない?

    「現金化業者を利用してクレジットカード現金化するから手数料を取られてしまうのだ!現金化業者を利用しなければいい」と、思われた方もいるはずです。
    では、自分自身でクレジットカード現金化をすると手数料は発生しないのでしょうか。

    ご自身でクレジットカード現金化をする場合は、商品買取方式となります。
    以下のような方法で現金化することが可能です。

    ・中古買取ショップなどで現金化する
    ・オークションやフリマアプリを利用する
    ・知人に商品を売る

    メディア編集部
    それぞれの手数料の有無について見ていきましょう
    中古買取ショップなどで現金化する

    中古買取ショップなどで換金性の高い新幹線の回数券や商品券、金券などを現金化する場合、消費税などは発生せずともショップへの手数料は必ず発生します。

    メディア編集部
    手数料というよりもショップ側の利益ですね
    希少価値が高い商品であっても定価以上で買い取ってもらえることはありませんし、新幹線の回数券なども必ず数%のショップ側の利益を引かれた金額しか受け取ることはできません。

    オークションやフリマアプリを利用する

    わざわざ中古買取ショップなどへ行かなくてもよいという利便性があるオークションやフリマアプリも、利用者はご存知のように手数料は発生します。

    ここがポイント!
    商品を出品すること自体は無料ですが(ただし、ヤフオクなどの場合、会員費を別途支払う必要はあります)、落札・販売された際には手数料を各サイトへ支払う必要があります。
    メディア編集部
    落札・販売価格の10%前後が相場ですから、結構高いですよね
    知人に商品を売る

    知人や友人に商品を売れば、手数料自体は発生しません。
    しかし、当然ながら定価で購入する方はあまりいないので、手数料は発生しなくてもある程度の「損」はあります。
    また、知り合いに商品を売る場合にはどうしても譲歩しなければならない(しなければ今後の関係にかかわることもあるため)状況が生まれてきます。
    良好な関係を保ちたい方にはあまり「現金化」を持ちかけない方が良いので、この方法はあまりおすすめできません。

    ただし、これらの方法は非常に危険であることは覚えておいてください。

    商品買取方式は、基本的に高価な商品、もしくは換金性の高い商品をクレジットカードで購入して現金化します。
    カード会社は現金化対策を強化しているため、現金化していると思われるカード利用者のクレジットカードを利用停止とし、現金化しているとみなされた場合にはクレジットカードをはく奪、強制退会させられることもあります。

    手数料がかからないクレジットカード現金化の方法もありますが、危険なので、やはり現金化業者を利用するのがおすすめです。

    メディア編集部
    そこで、次項ではクレジットカード現金化で手数料が少ない優良現金化業者をご紹介していきたいと思いますので、要チェックですよ!

    クレジットカード現金化で手数料が少ない優良現金化業者3選!

    メディア編集部
    お待たせしました!クレジットカード現金化で手数料が少ない優良現金化業者3選を発表致します。

    スタークレジット

    スタークレジット
    なんと、換金率は一律85%という、驚異の数値を誇るのがスタークレジットです。
    優良業者であることは以前から評判で、お客さ満足度、女性利用者数、口コミ評価と電話対応満足度において「No1」を獲得しています。
    キャンペーンを利用した場合、「実質的な手数料無料」と言えますし、スタッフの対応も抜群、カードトラブル一切無しで振り込みまでもスピーディと、申し分のない優良現金化業者です。

    安心くん

    安心くん会社概要
    スタークレジット同様、優良現金化業者として口コミでも高評価を得ているのが安心くんです。
    気になる換金率は平均して80%以上と良好です。
    また、安心くんはアフターサービスも充実しており、現金化をした後も何か不安があれば安心くんにご相談いただくと、スタッフが丁寧に対応してくれます。
    会社概要もホワイトですし、キャッシュバック方式の現金化業者ですが、入金後、購入した商品が配送されないので、配送手数料を抑えられることはもちろん、現金化していることがバレにくい点も、利用者にとってはメリットだといえるでしょう。

    おひさまクレジット

    おひさまクレジット
    通常のクレジットカード現金化での換金率は75%前後であることが一般的であるにもかかわらず、おひさまクレジットでは平均換金率が80%前後にも上ります。
    モアタイムを採用しているため、ネットバンクだけでなく、地方銀行利用者の方への振り込みも24時間
    可能
    ですし、専任アドバイザーがサポートしてくれるので、初めて現金化利用者でも安全に、そして、安心してご利用いただけます。

    メディア編集部
    もちろん、創業から12年間でカードトラブルを起こしたことも一切ありません!

    優良現金化業者を利用すればクレジットカード現金化の手数料は抑えられる!

    クレジットカード現金化の手数料に配下の4種類あることがお分かりいただけましたよね。

    ・クレジットカードの決済手数料
    ・金融機関への振込手数料
    ・商品の送料
    ・消費税

    しかし、ご紹介したような優良現金化業者を利用すれば、いずれか、もしくはこれらのうちのいくつかの手数料を利用者に負担させないような対策をとっています。

    メディア編集部
    クレジットカード現金化で少しでも多く現金を得たい方は、優良現金化業者を利用しましょう
    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる