土日祝日にクレジットカード現金化できる現金化業者選びのポイントとクレジットカード現金化のリスクについて

土日祝日に休みの方って多いですよね。
だからこそ、土日祝日には予定が詰まってしまい、現金が必要になるケースが多いです。
そんな時にクレジットカード現金化を利用して現金を得ようと考えている方は多いでしょう。

では、土日/祝日でもクレジットカード現金化はできるのか、また、利用できるのであれば、どんな現金化業者を選ぶべきか、さらにはクレジットカード現金化のリスクについても解説していきます。

目次

土日/祝日でもクレジットカード現金化はできるの?

一般的に、土日/祝日でもクレジットカード現金化はできるのでしょうか。
土日/祝日でもクレジットカード現金化はできるの
通常、ほとんどの現金化業者は土日/祝日に営業しているので、クレジットカード現金化を申し込むこと自体は土日/祝日でも可能です。
ただし、もちろん土日/祝日に営業していない現金化業者もありますから、必ず現金化業者のホームページなどをチェックして土日/祝日も営業しているかを確かめてください。
しかし、問題は、土日/祝日であってもクレジットカード現金化できるのか、つまり、入金してもらえるのかです。

それについては後程詳しくお伝えしていきますのでお楽しみに!

土日/祝日に営業している現金化業者を選ぶメリットは?

土日/祝日に営業している現金化業者を選ぶことのメリットをご紹介しましょう。

実は、土日/祝日にも営業している現金化業者を選ぶことは絶対条件の1つです。
想像していただくとわかりやすいかと思いますが、クレジットカード現金化を利用する時というのは、通常の方法では現金が手に入りにくい時だと思いませんか。

例えば、金融機関のATMが利用できない時間帯や深夜の時間帯などが挙げられますよね
金融機関が営業していない時間・期間が長い時、つまり土日や祝日にこそ通常は利用しないクレジットカード現金化を利用したいと思う人が多いのです。
そのため、土日/祝日に営業している現金化業者を選ぶことは、現金化業者選びの際にかなり重要なポイントとなります。
これ以外にも現金化業者を選ぶポイントがいくつかあるので、後程詳しくご紹介します

土日/祝日でも入金してくれる現金化業者はあるの?現金化業者選びのポイントは?

土日/祝日でも入金してくれる現金化業者はあります。
しかし、選び方を間違えてしまうと、土日/祝日に入金はしてくれても入金確認ができなくなってしまいますのでご注意ください。

土日/祝日でも入金してくれる現金化業者の選び方をご紹介する前に現金化業者を利用した際の入金の仕組みをご紹介しましょう
基本的に、キャッシュバック方式の現金化業者(無店舗型のインターネットで飲み運営している業者)を利用した場合、平日15時以降に申し込んだ方への入金は翌日以降となります。
ただ、現金化業者は、振込手数料などがかからないネットバンクを利用している所が多いので、入金自体は申し込んでからすぐに行っている所も多いでしょう。
しかし、現金化利用者が入金確認できるのは、基本的に金融機関の翌営業日となってしまいます。
連休に当たった場合、現金化を申し込んでも入金までかなり待たなければならなくなるということです

土日/祝日に入金してくれる現金化業者を選ぶ際のポイント

土日/祝日に入金してくれる現金化業者を選ぶ際には、以下のようなポイントを意識してください。
土日/祝日に入金してくれる現金化業者を選ぶ際のポイント

・モアタイムを採用した現金化業者を選ぶ
・ネットバンクへ振り込んでくれる現金化業者を選ぶ

では、各ポイントを詳しく見ていきましょう

モアタイムを採用した現金化業者を選ぶ

モアタイムとは、2018年10月に全国の多くの金融機関に投入されたシステムです。
全国のメガバンクのみならず、地銀ユーザーも含めて1,100行以上もの金融機関(銀行のほか、信金・信組・労金・農協を含む) へ24時間振り込みが可能となるシステムです。
モアタイムを採用している現金化業者を選べば、たとえ地銀でも、信用金庫であっても、モアタイムを採用している金融機関の口座をお持ちであれば、24時間入金・入金確認ができます。
ただし、注意していただきたいことが、24時間営業ではない現金化業者を選んだ場合、現金化業者の営業時間内に申し込みをしないと翌営業日の振り込みとなります。

急いでいる方は必ず現金化業者の営業時間内にお申し込みください

ネットバンクへ振り込んでくれる現金化業者を選ぶ

店舗を持たないネットバンクであれば、24時間入金を行っている現金化業者は多いです。

中でも、以下のネットバンクに口座をお持ちであれば、ほとんど現金化業者で24時間入金・入金確認ができるようになっていますよ

・ゆうちょ銀行
・ジャパンネット銀行
・楽天銀行

24時間ネットバンクへ振込対応している現金化業者の場合、ホームページに対応ネットバンクが記載されているので、チェックしてみましょう。

商品買取式なら土日/祝日でもクレジットカード現金化ができる

クレジットカード現金化には大きく分けてキャッシュバック方式と商品買取式の2種類存在します。
今までご紹介してきたのは、店舗を持たずインターネットでクレジットカード現金化を行うキャッシュバック方式ですので、商品買取式についてもお伝えしておきましょう。
商品買取式なら土日/祝日でもクレジットカード現金化ができる
商品買取式というのは、換金性の高い商品をクレジットカードで購入し、中古買取ショップなどに持っていき、現金に換えてもらう方法です。

サイクルショップなどで不用品を買い取ってもらうのをイメージしてみるとわかりやすいですよ

この商品買取式を行う現金化業者であれば、土日/祝日にクレジットカード現金化を行うことができます。

ただし、大手中古買取ショップであっても年末年始(特に元旦)は営業していないこともありますので、ご注意ください。
また、営業時間も無店舗型のキャッシュバック方式をとる現金化業者よりも短いことも覚えておきましょう。

直接中古買取ショップへ買い取ってもらう商品を持っていくのであれば、銀行口座をもっていなくてもクレジットカード現金化が可能です。
といっても、クレジットカードをもっている方は必然的に引き落とし口座が必要となるので口座はあるはずですので、この点は問題ないでしょう。

ただ、振込までの時間がカットできるのはイライラせずに済みますし、うれしいですよね
ここがポイント!
商品買取式の現金化業者(中古買取ショップ)を利用する際には、必ず免許証やパスポートなどの身分証明書を持参してください。
商品を買い取ってもらう際には必ず本人確認が必要となります。

しかし、商品買取式はあまりおすすめしません。
なぜなら、クレジットカード利用停止のリスクが非常に高いためです。

商品買取式の場合、換金性の高い商品を購入することが多いため、近頃クレジットカード現金化の取り締まりを強化しているカード会社は換金性の高い商品を購入した形跡があればすぐにカードの利用を停止します。
クレジットカード現金化していることが証明された場合、クレジットカードをはく奪され、強制退会、さらには残債を一括返済させられるので、非常にリスキーです。
他にも、商品買取式は念入りなショップ・商品選びが必要となるため、時間もかかることを覚えておきましょう。

現金化業者を選ぶ際のポイント

土日/祝日営業であること以外にも現金化業者を選ぶ際にはいくつか見極めるポイントがあります。
現金化業者を選ぶ際のポイント

現金化業者選びのポイントがこちらです!

・カードトラブルを起こしていないこと
・会社概要がクリアであること
・換金率が高いこと
・実績や経験が豊富であること
・営業時間が長いこと
・口コミ評判がある所

では、各ポイントを細かく見ていきましょう

カードトラブルを起こしていないこと

クレジットカード現金化は、ハッキリってグレイな行為です。
違法行為ではありませんが、極めて違法に近い行為と言っても過言ではありません。

ここがポイント!
簡単に現金を手にすることができるかもしれませんが、非常にデリケートな行為で、カード会社に現金化していることがバレてしまうとカード利用停止のリスクはもちろん、カードをはく奪、強制退会になった上に残債を一括返済させられます。
もちろん、その後数年間はブラックリストに記載されるため、新しいクレジットカードをどのカード会社でも作成することはできません。
ですから、創業以来1度もカードトラブルを起こしたことのない現金化業者を選ぶことはマストです。
今やクレジットカードがなければ生活できないなんて方も多いでしょうから、クレジットカードのない生活になりたくなければ絶対に安全性の高いトラブル経験のない現金化業者を選ばなければなりません。

会社概要がクリアであること

どんな企業のホームページにも会社概要が掲載されているのは当然のことですよね?
しかし、現金化業者の場合、当たり前のことが当たり前ではありません。
会社概要をホームページに載せていない現金化業者も多くありますし、会社概要があっても、ほとんどの場合、所在地を濁していたり、代表者名など、通常は記載するべき情報が記載されていません。
ということで、各現金化業者のホームページではこんなことをチェックしましょう

・代表者名
・所在地
・設立年

代表者名は偽名を使っている可能性もありますが(いくら優良業者であってもお金を扱う業務なので、危険を回避するため)、記載されていないより記載されていた方が安心感はありますよね。
また、所在地が一番の問題点となり、〇丁目までの記載しか無かったり、詳細が記載されていると思ったらバーチャルオフィスの住所であることがほとんどです。

グーグルマップなどを利用して、会社概要に記載されている所在地を細かく調べてみるのもおすすめですよ
さらに、設立年に関しても、ホームページに「創業10年!」なんて大々的にうたっていても、実はよく調べてみると設立してから数年しか経っていないなんてことが現金化業者ではよくあることなのです。
そういった場合、「嘘」を掲載しているということですから、その時点でクレジットカード現金化を申し込むことはやめた方が無難です。
逆に、設立年が書いてあれば、本当の創業年数がわかり信頼もできるので、ぜひ確かめてください。

換金率が高いこと

クレジットカード現金化を利用する上でユーザーが一番気になる点は換金率が高いことなので、この点は「言われなくてもチェックする!」と、思っている方も多いでしょう。

なぜ換金率が高いことが重要だと思いますか?
もちろん、現金化利用者にとって入ってくるお金が増えることが大きな理由の1つですが、換金率が高い現金化業者は、消費者のために無駄な手数料を抑えていると言えるからです。
自分の利益だけでなく利用者の利益も考えている、つまり、優良業者なのです。
優良業者を選べば安全にクレジットカード現金化することができるので、換金率が高い現金化業者を選ぶことは、安全を買うことにもつながります。

実績や経験が豊富であること

現金化業者を選ぶ際だけでなく、何事においても実績や経験がない会社や人に頼むことはかなりの賭けですし、失敗につながることが多々あります。
ですから、現金化業者を選ぶ際にも、実績や経験豊富な現金化業者を選んでください。
例えば、「顧客満足度1位」、「リピーター率1位」、はたまた「優良店ランキング1位」に輝いたなどと、実績のある現金化業者はホームページにその栄光を掲げていますので、チェックしてみましょう。

営業時間が長いこと

土日/祝日に営業している現金化業者を選ぶことと同じことですが、できるだけ長く営業している現金化業者を選ぶことも大事です。
現金化業者の営業時間はそれぞれです。
平均すると、9:00~20:00を営業時間としている現金化業者が多いのですが、中には一般企業のように9:00~18:00、さらには土日/祝日休みにしている現金化業者もあります。

確かに、そこで働く社員のためには良いですが、利用者としてはデメリットですよね
逆に24時間営業の現金化業者も増えてきています。
営業時間が長い現金化業者を選べば、いつでも好きな時にクレジットカード現金化をすることができますし、何かあった時にもすぐに連絡して対処してもらえるので利便性が高いのです。
ですから、できる限り営業時間が長いことを選ぶ現金化業者を選ぶことは重要です。

口コミ評判がある所

特に、初めてクレジットカード現金化をするのであれば自己判断で「この業者はよさそう」と思って利用すると失敗する確率は高いです。
現金化業者を選ぶ際には、必ず他人の意見も取り入れてください。
そこでおすすめなのが口コミ評判ですが、現金化業者の口コミに関しては自作自演(業者が自ら自社のコメントをしている)が多いです。
そのため、真偽のほどを考えながらチェックしなければなりませんが、いくつか読めばすぐにどれが本物の口コミかは一目瞭然です。
口コミをチェックすれば、利用しようと考えている現金化業者が優良かどうかをある程度判断することができます。

土日/祝日にクレジットカード現金化をする際の注意点

土日/祝日にクレジットカード現金化をする際の注意点
土日/祝日にクレジットカード現金化をする際にはいくつか注意しなければならない点がありますので見ていきましょう。
現金化ができる業者は危険

土日/祝日は混雑しやすい

金融機関が営業していない土日/祝日は、当然ながら現金化業者も大忙しです。
そのため、急遽現金が必要になって現金化業者に連絡しても電話が全くつながらなかったり、問い合わせフォームから連絡しても一向に連絡がないなんてこともあり得ることです。
そうならないためにもある程度余裕をもって問い合わせフォームから連絡しておくと良いでしょう。

意外と電話よりも問い合わせフォームから連絡した方が早く連絡してもらえることが多いと言われています
土日/祝日の営業時間が短い現金化業者もある

平日と変わらない営業時間で営業している現金化業者もありますが、土日/祝日は営業時間を短くしている現金化業者も少なくありません。
そういった現金化業者を利用した場合、いくらモアタイムを採用していても営業時間外の申し込みは翌営業日以降の振り込みとなってしまうので、即日入金されることはありませんのでご注意ください。

出金手数料が高くとられることがある

利用している金融機関によって出金手数料の有無や料金は異なります。
出金手数料が無料の金融機関も増えてきていますが、基本的には対応時間外のATMでの出金手数料は有料の金融機関が多いです。
中には平日と土日/祝日で出金手数料が異なるケースもあり、土日/祝日の場合、通常よりも多く出金手数料が取られてしまう可能性があります。

少しでも多くの現金が欲しい方にとってはちょっとイタイですよね

クレジットカード現金化はカード規約に反する行為!

ここまでクレジットカード現金化や現金化業者を選ぶポイントなどをお伝えしてきましたが、そもそも
クレジットカード現金化はカード規約に反する行為です。
クレジットカード現金化はカード規約に反する行為

「クレジットカード現金化はカード規約に反する行為だから何?」と、思った方は危険ですよ!
ここがポイント!
先に少しお伝えしましたが、カード会社にクレジットカード現金化していることがバレてしまうとカード利用停止のリスクはもちろん、カードをはく奪、強制退会になった上に残債を一括返済させられます。
その後数年間はブラックリストに記載されるため、新しいクレジットカードをどのカード会社でも作成することはできませんし、当然、クレジットカード現金化もできません。

現金化業者のホームページを見ると、「クレジットカード現金化は違法行為ではありません」と、掲げられています。
確かに、現時点では違法行為ではありません。
しかし、クレジットカード現金化は、「現金化している」ことを立証するのが難しい行為であるため、犯罪行為としたくても今現在はできない状況なだけで、本当は法律で取り締まりたい行為なのです。
ですから、極めてグレイな行為であり、非常にリスキーであることを覚えておきましょう。

そもそもクレジットカード現金化に頼る必要はあるの?

土日/祝日に入金してもらえる現金化業者をお探しのあなた!
本当にあなたは今すぐ現金が必要なのでしょうか。
クレジットカード現金化に頼る必要はあるの?
土日/祝日に対応しているという条件だけで現金化業者を選んでしまうと、その他にも重視するべきポイントは二の次になってしまうでしょう。
その結果、あなたにとって満足のいかないクレジットカード現金化になる可能性が高いです。
逆に、土日/祝日対応で、上記でご紹介したようなポイントを満たす優良業者を探しているような状況であれば、おそらくそんなに現金を得ることに焦りはないのではないでしょうか。
繰り返しとなりますが、クレジットカード現金化は、先述したように極めてグレイな行為であり、おすすめできるものではありません。
本当に現金が欲しくて緊迫している状況であったり、命にかかわるような問題が待っているのであればクレジットカード現金化をしても良いでしょう。

ここがポイント!
しかし、その場合、できるだけ利用額は少なく押さえることと、カード会社へ期日までに返済できる範囲で計画的に利用するようにしてください。
カードトラブルを回避することにつながりますよ

土日/祝日にクレジットカード現金化をしたいなら業者選びが大切!

土日/祝日に営業している現金化業者は多いです。
しかし、クレジットカード現金化の申し込み自体が土日/祝日にできても、入金は金融機関の翌営業日になってしまうこともあります。
ですから、土日/祝日に入金してもらうためには以下のような現金化業者を選ぶことがマストです。

・モアタイムを採用した現金化業者を選ぶ
・ネットバンクへ振り込んでくれる現金化業者を選ぶ

その他、安全に現金化するためにも優良業者を選ぶポイントも上記でご紹介しているので、そちらを参考に、失敗のないクレジットカード現金化を行いましょう。

ただし、クレジットカード現金化はカード規約に反する行為であることは決して忘れないでくださいね
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる