クレジットカード現金化は未成年でも利用できる?リスキーな理由と現金化以外に現金を得る方法

特に、ティーンエージャーと呼ばれる10代の若者たち(未成年者)は好奇心旺盛で、新しいことやモノに対しても貪欲ですよね。
しかし、新しいことをするにも、新しいモノを買うにもお金が必要で、使いすぎて現金が不足する事態に陥っている方も多いでしょう。
ネットで調べてみると「クレジットカード現金化なら簡単に現金が手に入る」なんて一文を見つけた未成年のあなたは、クレジットカード現金化について気になっているはずです。

ここがポイント!
では、未成年でもクレジットカード現金化ができるのか、そのリスクや現金化以外の現金の入手法について解説していきます。
目次

クレジットカード現金化は未成年でも利用可能?

クレジットカード現金化は未成年でも利用可能なのでしょうか。
クレジットカード現金化は未成年でも利用可能?
結論から言うと、未成年でもクレジットカード現金化を利用することができます。
しかし、とてもリスキーなことであることです。

なぜリスキーなのかは後程詳しくご紹介していきますね

そもそも、未成年がお金を借り入れしたいという時、金融業者からはできません。
そのため、現金が必要になった時の手段として使える方法が、クレジットカード現金化なのです。
と言っても、クレジットカード現金化をするにはクレジットカードが無いとできませんので、クレジットカードを持っていることが前提となります。

そもそも、クレジットカードは未成年でも作成可能?

未成年であってもクレジットカードを作成することは可能なのかを見ていきましょう。
クレジットカードは未成年でも作成可能?
未成年であってもクレジットカードを作成することは可能です。

ただし、以下の条件を満たしている必要があります

・18歳以上であること
・親権者の同意があること
・安定した収入があること
(ただし、親権者が保証人の場合、無収入でもOK)

さて、各条件を詳しくチェックしていきましょう

18歳以上であること

単純に、18歳未満の方はクレジットカードを作成することができません。

また、18歳であっても高校生の場合もクレジットカードを作成できませんのでご注意ください。

ちなみに、デビットカードはお金を持たないお財布のようなもので、デビットカードで支払った瞬間に銀行口座から使用額が引き落とされるので、クレジットカードのように一定期間ローンを組むカードとは異なります。

ここがポイント!
そのため、18歳未満でもデビットカードは作成可能ですが、クレジットカード現金化にデビットカードは利用できません。

親権者の同意があること

既に10代でクレジットカードを作成されている方はご存知でしょう。
クレジットカードを未成年者が作成する際には親権者の同意書が必要です。

これはクレジットカードの作成時だけでなく、様々なシーンで必要になるので納得ですよね
つまり、未成年者が自分の意思のみでクレジットカードを作成することは不可能です。
必ず親などの承諾が必要となります。
ここがポイント!
ただし、クレジットカード作成現場に親を同伴しても問題ありませんが、わざわざつれて行く必要はなく、契約書類だけもらって、自宅で親権者が契約書類に署名と捺印をして郵送すればよいだけです。

安定した収入があること

クレジットカードを作成する上でこれが最も重要なことだと言えるでしょう。
それは、安定した収入があることです。
もちろん職業は問いませんし、正社員はもちろん、アルバイトやパートでも問題ありません。

最近は学生の型やフリーターでも作りやすいクレジットカードも増えてきていますよね
審査がゆるいクレジットカードも結構ありますから、そういったタイプであれば大して収入がなくても簡単にクレジットカードが作成できます。
また、親権者が保証人となった場合、無収入であってもクレジットカードは作成可能です。

未成年のクレジットカード現金化はほとんど不可!

未成年がクレジットカード現金化をすることは可能とお伝えしましたが、実はほとんどできないと思っておいた方が良いでしょう。

その理由とは?

ほとんどの現金化業者では未成年のクレジットカード現金化を受け付けていないからです。
各現金化業者のホームページに記載されている「よくある質問」には、「未成年者でも利用できますか?」という質問がよく見受けられます。
そこには必ずと言ってよいほど「申し訳ありませんが、未成年の方の利用はできません」と、記されています。
「未成年者でもOKです!」と、うたっているような現金化業者はまず見かけません。

実はまだ理由があるのでご紹介していきますね

現金化業者にも利用者にとってもリスキー

未成年のクレジットカード現金化は、現金化業者にも利用者にとってもリスキーな行為となります。
なぜなら、一般的に未成年者(学生)には支払い能力が不足していると考えられているからです。
もし、クレジットカード現金化をした後に未成年者がカード会社へ返済を怠ってしまったらどうでしょうか。
カード会社は未成年者である現金化利用者をマークすることはもちろん、徹底的に調べて現金化業者を利用していることがわかれば、カード利用停止にし、カードをはく奪、強制退会させるでしょう。
また、未成年者にクレジットカード現金化を行ったとして現金化業者自体もカード会社とのトラブルは避けられないどころか、親権者からもクレームが入ったり、法的措置をとられる可能性はあります。
成人によるクレジットカード現金化であれば親権者とのトラブルはもちろんありませんし、成人利用者とカード会社間での問題となるので、現金化業者には関係ありません。

未成年者にクレジットカード現金化を許す現金化業者がどれだけリスキーかわかっていただけますよね?

古物営業法違反となることもある

以下にあげる商品は未成年から買い取ることはできません

・車やバイク(それらの部品)
・ゲームソフト
・CDやDVD
・文庫書籍

上記の商品は高額になりやすいことや万引きを防止するため、未成年者から買い取ることはできないのです・
もし、買い取る場合には、クレジットカードを作成する時と同じように親権者の同意書が必要となります。
同意書もなく買い取りした場合、古物営業法違反となってしまうのです。

現金化業者の利益が少ない

商売をしている人であれば、誰でもたくさんの利益を出したいのは当然です。
もちろん、現金化業者だってそうです。
しかし、未成年の方にクレジットカード現金化を利用してもらっても、現金化業者は儲けることができません。
そもそも、未成年の方のクレジットカードのショッピング枠は少なく、クレジットカード現金化するにも限度があります。
さらにはカード会社などとのトラブルとなる可能性もあるとことも考えれば、現金化業者は益々未成年と取引をしたいとは思いませんよね。

家族カードでクレジットカード現金化はできる?

未成年者で家族カードをお持ちの方もいるでしょう。
では、家族カードを使ってクレジットカード現金化することはできるのでしょうか。

結論から言えば、家族カードでクレジットカード現金化することは可能です。
ただし、家族カードでの現金化を受け入れている現金化業者は多くありません。
さらに、あなた自身が未成年者ともなれば、余計に取引してくれる現金化業者は少なくなります。

そして、何よりも注意しないといけないことがこちら!

たとえ家族カードがクレジットカード現金化に利用できても、必ず代表者の承諾を得る必要があります。

つまり、家族カードの代表者である親権者(であることが多いかと思いますが)に「クレジットカード現金化をしてもいいよ」と、言われないと、未成年者が家族カードを利用してクレジットカード現金化することは不可能です。
現実的に考えれば、子供がそんなことを言って承認する親はいないでしょうし、そんなものを利用するくらいならお金を貸すと言ってくることがほとんどでしょうが。

未成年者のクレジットカード現金化ができる業者は危険

未成年者のクレジットカード現金化はできなくはありません。
しかし、ほとんどの業者で行っていないことがわかったかと思いますが、もし未成年者の現金化を受け付けている現金化業者が見つけたら危険だと思ってください。
未成年者のクレジットカード現金化ができる業者は危険

その理由は?

そもそも、未成年者のクレジットカード現金化を行っている現金化業者はほとんどありませんが、未成年者を歓迎している業者も少数ですがあります。
しかし、この場合、悪徳業者と思って問題ありません。
こんなにもリスキーな未成年者のクレジットカード現金化を自ら進んでやろうとする現金化業者は、詐欺など、違法性の高いことを行うケースが多いからです。

詐欺の例にはこんなものがあります

・入金されなかった
・クレジットカード情報が盗まれた
・闇金に情報が売られる

過去に未成年者がクレジットカード現金化をして大きな被害に遭ったこともあります。
ですから、「未成年者OK!」と、掲げている現金化業者を発見してラッキーとは思わず、「これは怪しい」と、感じて絶対に利用しないでください。

利用した後に後悔するのはあなたですよ

商品買取式のクレジットカード現金化に手を出すのも危険!

クレジットカード現金化には大きく分けてキャッシュバック方式と商品買取式の2種類存在します。
現金化業者を通さずに行う商品買取式もかなり危険ですので、理由をお伝えします。
商品買取式のクレジットカード現金化に手を出すのも危険!
商品買取式というのは、換金性の高い商品をクレジットカードで購入し、中古買取ショップなどに持っていき、現金に換えてもらう方法です。

一見すると、リサイクルショップなどで不用品を買い取ってもらうのと同じように見えますよね?
ところが、「換金性の高い商品を購入する」点が大きく異なります。

商品買取式の際によく買い取ってもらえる商品が以下のような商品です。

・新幹線のチケット
・ブランド物のアイテム
・金券や商品券
・ゲームの本体

いずれも需要が多い商品であるため、ショップ側も良い値で買い取ってくれるのです。
ところが、カード会社はクレジットカード現金化に対して目を光らせているので、こういった換金性の高い商品を購入すると、カードを一旦利用停止にします。

ここがポイント!
カード保有者に連絡が入り、現金化したかどうかを確かめた上で現金化したことがわかれば、カード規約に反しているのでカードをはく奪、強制退会させられた上に残債を一括返済しなければならなくなります。
もちろん、新しいクレジットカードはしばらく(少なくとも数年間)作成できませんから現金化も利用できませんよ

未成年者が自らクレジットカード現金化を行う方法でも身分証のチェックを強化しているので簡単にはできないかもしれませんが、キャッシュバック方式よりもかなりリスキーなので絶対に利用しないでください。

あわせて読みたい
商品券を使ってクレジットカード現金化をする方法|商品券の現金化のリスクも押さえておこう! なんて考えている方は少なくありません。 商品券を利用したクレジットカード現金化の方法や商品券を利用したクレジットカード現金化のメリットデメリットについてもお伝...

未成年で現金を手に入れる方法

クレジットカード現金化を利用することは決しておすすめしません。
そこで、クレジットカード現金化以外の現金の入手の仕方をご紹介していきたいと思います。

アルバイト・パートをする
現金は簡単に手に入るものではないことは、お金に困っている方ならものすごくわかりますよね?
しかし、それと同時に働けばお金が手に入ることも知っているはずです。
そうです、クレジットカード現金化を利用するよりも地道に働きましょう。
既にアルバイトをしている方はアルバイト先を増やしましょう。
もちろん、学生さんであれば学業が本業なので、アルバイトやパートにうつつを抜かし過ぎてはいけませんが、できる範囲内でバイトを増やしましょう。
今すぐにでも現金が欲しい方は、即日払いをしてくれるアルバイトを見つけることもポイントですよ!
中古買取ショップで不用品を売る

例えば、自宅に読まなくなった本やもう着なくなった服、履かなくなった靴は眠っていませんか。
そういったモノがあれば、中古買取ショップに売りに行きましょう。

ご自身のものだけでなく、家族や友人から不用品を集め、それを売りに行くのも手ですよ
古本屋やリサイクルショップへ不用品を持っていけば、その場で現金が手に入ります。

ただし、未成年が中古買取ショップで不用品を販売する場合には身分証明書の提示はもちろん、保護者の承諾書が必要になることがほとんどです。

ネットオークションやメルカリで不用品を販売する

中古買取ショップを利用して不用品を販売するのも1つの手ですが、実はあまり儲けることができません。
同じように不用品を販売するのであれば、ヤフオクなどのネットオークションやメルカリを利用する方が断然儲かります。
ヤフオクもメルカリも未成年者(ヤフオクは15歳以上から)でもシステムの利用が可能です。
写真を撮ったりするのはちょっと手間だなと思うかもしれませんが、働きに行くよりも簡単だと思いませんか。

家の中が本当に必要なものだけの状況になったことで、お金を使うことが減り、自然とお金が貯まっていくかもしれませんよ
家族や友人にお金を借りる(お小遣いの前借り)

一番手っ取り早い方法でありながら、やりたくない方法と言えるのが、友人や家族からお金を借りる方法です。
基本的には返済期限も特にありませんし、何よりも未成年がクレジットカード現金化を利用した際に起こるようなリスクはありません。
お小遣いをもらっている方であれば、親にお小遣いを前借りする交渉をしてみるのも良いでしょう
しかし、家族や友人も本当はあなたにお金を貸したくはないでしょうが、自分の大切な人が困っているのを見る方が嫌だと感じ、貸してくれるはずです。

ただし、親しき中にも礼儀ありということで、借用書を書いて必ず返金するようにしましょう

どうにもならない場合は相談をしよう!

上記でご紹介した方法でも必要なお金を得ることができなかった場合についてもお話しておきましょう。
どうにもならない場合は相談をしよう
「どうにもならない!」と、感じた場合、ただちに誰かに相談してください。
未成年者同士ではあまり話が進展しないことが考えられるので、ご両親や成人している親戚などに「現金をどうしても手に入れたいけど、どうにもならない」という旨を伝えましょう。
「そんな相談ができれば最初からしている!」と、思われるかもしれませんが、未成年者がクレジットカード現金化を利用したり、わけのわからないサービスに手を出してトラブルに遭ってしまってからでは遅いです。
1人で悩んでいても問題は解決しないので、どうにもならない時には大人に勇気を出して相談してみてください。

決して、安易にクレジットカード現金化や甘い言葉をささやくおかしなサービスには手を出してはいけませんよ

未成年のクレジットカード現金化はとてもリスキー!

未成年者もクレジットカード現金化を利用することは可能です。
しかし、ほとんど受け付けてくれ現金化業者もなければ、あなたにとっても詐欺に遭う可能性があったりと、とてもリスキーな行為です。
クレジットカード現金化を利用せずとも現金を手に入れる方法はありますので、ご紹介した方法を参考にしていただくことと、1人で悩まずに、まずは信頼できる大人に相談し、助けてもらうことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる