クレジットカード現金化を業者を使わないで自分でする方法!リスクも解説

お金がない!でも現金が必要…クレジットカード現金化がしたいけど自分でできるのかな?
クレジットカード現金化を自分でするにはどうしたらいいのだろう?

現金が手元にないのに現金が急きょ必要になった場合、あなたはどうしますか?

結論から言うと、クレジットカード現金化は業者を使わずに自分でも可能です。
しかも、いろいろな現金化の方法があります。
メディア編集部
そこで、ここではクレジットカード現金化を自分で行う方法はもちろんのこと、自分で現金化する際に知っておきたい良い点、そして注意点についてまとめてみました。
目次

現金化業者を使わずにクレジットカード現金化を自分でする9つの方法

クレジットカード現金化を自分自身で行う場合にはいくつかの方法があります。
そこで、ここでは現金化業者を使わずにクレジットカード現金化を自分でするときの9つの主な方法を紹介しましょう。

高換金率の商品を購入して転売する

換金率の高い商品を購入して購入した商品を転売する方法が、自分で行うクレジットカード現金化の代表的なやりかたのひとつ。
では、一般的に「高換金率の商品」とはどんなものがあるのかを見ていきましょう。

  • 高級ブランド商品
  • 家電製品
  • ゲーム機本体
  • プレミアムグッズ

上記のような商品をクレジットカード決済で購入し、リサイクルショップやネットオークションといった場所で転売して現金に換えるやりかたです。

質屋やリサイクルショップのウィンドウには高級ブランドのバッグや財布、それになかなか手に入りにくいゲーム機が飾られているのを見かけることがありますよね。
なかなか手に入らない商品はやはり換金率も自動的に高くなるもの。
とくに、高級ブランドやゲームは限定生産されたものやプレミアがついた商品が多く、そういったレア商品を購入して転売すると、場合によっては購入額以上の金額を得られる可能性もあります。

商品をクレジットカードで購入してショップに返品する

盲点とも思えるやりかたかもしれませんが、購入した商品を買取ってもらう方法ではなく、商品を購入したショップにその商品を返品するやりかたです。

ただし、この方法にはいくつかの注意点があるので伝えておきましょう。

  • 商品を再びショップへ持って行かなければならない
  • カードへ返金されることがある
  • 返送しなければならないこともある

購入したその日に即日返品することは物理的にできても、購入した数分後に「やっぱり返品で!」とはしにくいもの。
そのため、即日返品であっても、ちょっと時間を空けなければならないのですぐに現金化をするには時間がかかります。

また、返金法も今はどんどん進化しており、カード払いした場合、支払いに利用したカードにそのまま返金されることも増えてきました。
そのため、確実にカードで購入しても返品の際にちゃんとキャッシュバックしてくれるショップを調べておく必要があります。

メディア編集部
ネットショップを利用した場合、返品可能とは書いてあっても、返送代はお客様負担となっていることがほとんど。
そのため、返送までの日数はもちろんのこと、返送代金もかかり、返金手続きまでにさらに数日かかるので、現金化にはかなりの時間を要します。

商品券や金券を購入して金券ショップに買い取ってもらう

昔からよく行われているセルフ現金化のやりかたと言っても過言ではないのが商品券や金券を金券ショップに買い取ってもらい、現金を受け取る方法です。

金券ショップを利用したクレジットカード現金化でよく利用されている商品が次のようなアイテムです。

  • 商品券(ギフト券)
  • 金券(ビール券やおこめ券など)
  • 新幹線のチケット、回数券
  • テーマパークの入場券
  • コンサートチケット

大都市の駅周辺には金券ショップが立ち並んでいますが、よく上記のような商品を目にしますよね。
高級ブランド商品やゲーム機本体のように、なかなか手に入らないチケットであれば高く売れる可能性は高いです。

また、商品券や金券、新幹線の回数券に関しては、換金率が95%以上にもなることがあり、ほぼ購入金額と同じ額を手にすることができる商品でもあります。
新幹線の回数券に関しては、人気の区間(例:東京⇔新大阪)であるほど換金率が高くなる傾向が強いです。

メディア編集部
紹介したような商品は高換金率で買い取ってもらえる可能性は高いのですが、じつはリスク大!詳しいリスクについては後程紹介するので最後まで読んでくださいね。

プリペイドタイプの電子マネーを換金する

昨今では交通系や商業系といったさまざまな電子マネーが販売されていますよね。
中でもチャージ式のプリペイドタイプの電子マネーを利用すれば、クレジットカードを使って現金を入れてからカードを売りに出せば金額に応じた現金化を行うことができます。

しかし、こういった電子マネーはチャージ額に上限が設けられていることが一般的。
そのため、高額の現金化をしたいかたには向いていませんが、少額の現金化がしたいといったかたには手軽ですぐにでもできてしまうので便利な方法です。

仮想通貨をクレジットカードで購入する

仮想通貨にはメリットもデメリットもありますが、メリットの1つとして、自由に購入できていつでも現金に戻すことが挙げられます。

大手取引所(例:バイナンス)であれば、クレジットカード決済に対応しているところがいくつかあるので、カード対応している取引所を利用して暗号資産を購入すればOK。

ただし、クレジットカードを利用した仮想通貨の購入は次のような注意が必要です。

  • カードで購入したコインは送金までに時間がかかることがある
  • 手数料が取られる
  • 対応カードブランドは限られている場合がある

クレジットカードで購入した仮想通貨は海外取引所の場合、1週間前後時間がかかることがあります。
また、手数料も取られ、大手取引所のバイナンスに関しては、暗号資産の3.5%、または10ドルのいずれか高い方が手数料として適用されます。
しかし、手数料に関しては、価値が上がったタイミングで再びコインを売りに出して取り引きが成立すれば、求めている額よりも利益を生むことができます。

さらに、クレジットカードといってもVISAやアメックスといった様々なブランドがありますよね。
バイナンスの場合、VISAとマスターカードといったトップ2の利用は可能ですが、他のカードは利用できません。
他社に関しても限られたカードしか利用できないので、とくに、アメックスやJCB、ダイナースといったカードしか持っていないかたは注意が必要です。

そのコインを取引所でさらに現金に換えれば現金化は完了です。
全ての手続きを自分で行うのが大変ですが、上手く行えば儲けも大きくなるのが魅力的な方法になります。
このように、クレジットカード現金化はクレジットカードのショッピング枠を現金にする作業ですから、クレジットカードで商品を購入し、購入した商品を売却できれば業者を利用しなくても行うことは可能です。

外貨両替を利用する

クレジットカードで外貨を購入して両替所に行き日本円に交換することもクレジットカード現金化を自分で行う方法のひとつです。
海外旅行に行くときにする作業のひとつのような感覚で利用することができます。
ただひとつ気をつけなければならないことは、クレジットカードで外貨を購入することです。

ただし、外貨をクレジットカードで購入できる場所は限られており、トラベレックスジャパン株式会社が運営する外貨両替専門店のみとなっています。
トラベレックスグループのイギリスの企業ですが、日本でも法人企業として存在し、よく知られた外貨両替店です。
利用法は、外貨宅配サービスを利用してオンラインで外貨を購入すると、指定住所へ購入した外貨を届けてくれるというサービス。
届いた外貨は外貨両替を行っている銀行や国際空港、それに各空港バス発着所といった所でいつものように両替すれば現金を得ることができます。

リサイクルショップで不用品を売る

近所の古本屋やリサイクルショップへ行って不用品を売却し、現金を得た経験はあなたにもあるはず。
クレジットカードで何か商品を購入する必要もなく、自宅にある価値のありそうな商品をリサイクルショップ経持って行けばお金になります。
価値が無くても、あなたにとって必要のないものを売れば微々たる額であっても現金を得ることが可能です。

メディア編集部
最近ではわざわざ自宅から出ずとも自宅にいながらフリマアプリを使って現金を得ることもできますが、写真を撮ったりする手間や出品手数料を払う必要があります。

不用品の数が多いときには出張買取をしてくれる業者も多くなってきています。
しかし、出張買取はその場で買取をしてもらうのではなく、一度商品を取りに来てもらってから査定・振り込みとなるため、即日現金化はできないので要注意です。
所要時間は1週間前後となることも覚えときましょう。

飲み会開催!みんなの分をクレジットカードで立て替える

数人で集まって飲み会を開けば現金化のチャンスです。
友人や知人と一緒に飲み、みんなの分をあなたがクレジットカードで立て替えれば、場合によっては支払った金額よりも多く現金を手にすることができます。
クレジットカードのポイントも貯まりますし、一般的に行われている現金化はグレーゾーンですが、立て替え払いは至ってホワイトな方法です。

しかし、その場で立て替えた分を参加者からもらえず時間がかかることもあります。
また、自分が金欠であることもあるので、金欠だと他人に知られたくない人は注意しなければなりません。

友人や家族の買い物を代わりにする

友人や家族に頼まれたものを代わりにクレジットカードで購入して現金をもらう方法もあります。
飲み会の建て替えの方法と同じく、友人や家族が欲しいものを購入して、購入後に現金で支払ってもらえば現金化することが可能です。

しかし、代行ショッピングも現金をすぐにもらえない場合もあるので、確実にすぐ返金してもらえることを確認してから行った方が良いでしょう。

業者を使わず自分でクレジットカード現金化する2つのメリット

自分でクレジットカード現金化をすることでどんなメリットがあるのかをまとめてみました。

高換金率で現金化できる可能性がある

自分でクレジットカード現金化をする場合、何と言っても高換金率で現金化できることが一番のメリットだといえるでしょう。
現金化業者を利用すると、業者も利益を出さなければなりませんから手数料が発生します。
手数料は業者によって異なりますが、平均すると25%前後。
悪徳業者を利用してしまうと50%以上の手数料が取られるなんてこともよく聞く話です。

ところが、クレジットカード現金化を自分で行えば手数料自体はかかりません。
つまり、高換金率で買取してくれる業者を見つけて利用すれば業者を利用するよりも高い換金率で現金化することができるのです。

ちなみに、プレミアがついた商品であったり、あまりにもレアな商品であれば元々の価格よりも高い換金率で買い取ってもらえることもあります。
もちろん、換金率が100%以上になることはかなり稀ですが、より高換金率を狙うならこういったポイントも押さえておくと良いでしょう。

不安が少なく現金化を利用できる

現金化業者を利用した現金化に対して不安をかかえているかたは多いです。
どうしても現金化業者をサラ金と結びつける人もいますし、口コミなどをみると「脅された」、「急に口調が怖くなって…」なんてコメントがよく見られますよね。
しかし、自分自身で現金化を行えば見ず知らずの業者の人に頼る必要はありません。
業者を利用するよりもはるかに不安や不信感なく現金化することができます。

とはいっても、自身で現金化する時にショップなどを利用する場合、しっかりと目の前で何をしているのか、何かあやしい動きはしていないかといったことをしっかりと確認していなければなりません。

業者を使わず自分でクレジットカード現金化する4つのデメリット

自分でクレジットカード現金化をするのはハッキリ言ってデメリットの方が多いのです。
では、どんなデメリットがあるのかを見ていきましょう。

クレジットカードが利用停止になる可能性が高い

クレジットカード現金化を自分ですることの最大のデメリットが、クレジットカードが一時利用停止となることです。
なぜならクレジットカード現金化はカード利用規約に反する行為であるため。

「一時的に使用停止になるくらいならいいや」と思ったかたもいるでしょう。
たとえ現金化していても現金化していないときちんと証明できればカードの利用停止は解除される可能性は高いです。

しかし、カード会社もあなたのカード使用履歴など細かく確認するため、何度も現金化しているような痕跡が残っていればカードは利用停止のままです。
最悪の場合、カードははく奪され、未返済の利用額を一括返済しなければならなくなります。
そして、しばらくブラックリストに登録された状態となるため、他のカード会社でもクレジットカードを作成することはできません。
現金化に必須ともいえるクレジットカードがないので、現金のみでの生活を強いられることになります。

手間や時間がかかる

ここまで記事を読んでいただいてわかったとおり、クレジットカード現金化は自分でもできます。
やりかたを見ても特に難しいことはありませんでしたよね。
基本的には商品をクレジットカードで購入してどこかで売るだけ。
しかし、商品を買って売るまでにかなり時間がかかることが一般的といえます。

クレジットカード現金化で少しでも多く現金を手にするために必要なことが以下のポイントです。

  • 高換金率の商品を見つけること
  • 高換金率で買い取ってくれるお店・人を見つけること

高換金率の商品の例として高級ブランド商品といったものを挙げましたが、高級ブランドの商品なら何でもよいわけではありません。
あなたが好きなデザインが万人受けするとは限りませんし、人気の商品を選んだ場合、人気によってブランド側が大量生産し、商品価値が下がっている可能性もあります。
商品価値が下がれば当然換金率も下がりますよね。
ですから、必ず高換金率で買い取ってもらえる商品を探さし出さなければならないのです。

また、ネットオークションの落札価格はタイミングによってはもっと高く落札してもらえたかもしれません。
買取業者を使う場合、換金率は各業者で異なります。
適当に業者を選んでしまうと換金率が低く損することも十分にあり得るのです。

メディア編集部
確実に高換金率で買い取ってもらえる商品とどこよりも高く買い取ってくれる業者や落札者を見つけるのにはだいぶ手間や時間がかかってしまいます。

低い換金率になる場合がある

手間や時間がかかることがクレジットカード現金化を自分でするデメリットともなりますが、手間と時間をかけないとさらにデメリットとなる可能性があります。
それは、低い換金率になってしまう場合があること。

クレジットカード現金化を利用するなら誰だって少しでも高い換金率を望みますよね。
高い換金率を望むのであれば少しでも多くのショップやオークションサイトで高く転売できる方法などをリサーチすることがポイントです。
リサーチする時間を惜しむと、現金化した後に「あ、こっちのショップの方が高い換金率だった!」なんてことが起こります。
もともとの購入金額が高いほど、換金率の差が出ることで損が多くなるので悔しい思いをすることになるでしょう。

自己破産することができない

クレジットカード現金化を1度やってしまうと、繰り返し利用してしまうことも少なくありません。
現金化は一般的に法外な手数料を求められます。

メディア編集部
ちなみに、同じクレジットカードを利用したキャッシングの手数料は12~20%で、平均すると18%前後と決して安くありませんが、クレジットカード現金化はそれ以上なのです!

クレジットカード現金化の平均手数料は25%前後。
キャッシングと比較してもかなりの違いがありますよね。
売却する商品によってはもっと低い場合もあるので、法外な手数料であることはわかっていただけましたよね。

そんな手数料の高いクレジットカード現金化を利用し続けると、利用額のカード会社への支払いが追い付かなくなってしまいます。
何とかカード会社に返済しようとさらに現金化をするのですが、借金は増える一方。
どうしようもなくなって自己破産をしようとしても、法律でクレジットカード現金化による自己破産はできないとされているため、最終的な手段をとることもできません。
つまり、現金化で借金地獄に陥ると、借金地獄の沼から抜け出せなくなってしまうのです。

自分で現金化するならネットオークションを使うのが安全!

クレジットカード現金化業者を使わずに、クレジットカード現金化する場合、高い換金率の商品を自分で見つけて売却しなければなりません。
以前からよく利用されている高換金率で売れる商品が新幹線の回数券や商品券ですが、何度も購入するとカード会社に現金化がバレる可能性が高いです。

こんなリスクを抑える方法として、ネットオークションで売れそうな商品を仕入れる方法があります。
とくに損の少ない(高換金率ともいえる)のがレアなゲーム機や定番高級バッグは代表的な商品です。
クレジットカードで購入した商品を転売していることになり、カード規約に触れていないとも言い切れませんが、金券ショップや現金化業者の店舗へ行って現金化するよりもはるかに安全といえます。

ただし、ネットオークションに商品を出品すると落札手数料に応じた出品手数料が引かれる点は注意しましょう。
ネットオークションを利用すれば、ゲーム機やブランドアイテムの現金化は好きなだけできますが、高く売れた分出品手数料が高くなることだけは念頭に入れておかなければなりません。
手数料の分もどうにかして儲けたいといったかたは、プレミア商品を狙うのがポイント。
プレミア商品は定価よりもはるかに高い金額で落札されるケースが多いからです。
もちろん、定価よりも高い金額で売れることは100%ではないのでご注意を。
とくに、フィギュアやプラモデル、ゲーム機本体、ソフト、また、ブランド商品で言うならエルメスのケリーバッグやセリーヌのラゲージといったアイテムはプレミアモデルがあるので要注目です。

商品を購入して自分でクレジットカード現金化する際の流れ

自分でクレジットカード現金化する際の流れについても簡単に紹介しておきましょう。

STEP
クレジットカード決済で商品を購入する

カード決済で換金率の高い商品を購入します。

STEP
購入した商品を買い取り業者へ持ち込み売却する

カードで購入した商品を買い取り業者へ持って行き、売却手続きをします。

STEP
査定

商品の査定をしてもらいます。
査定時間は早ければその場ですぐ終わりますよ。

STEP
現金を受け取る

査定額に問題が無ければ現金を受け取って現金化は終了です。

しかし、現金をもらった後はカード会社への返金があることも忘れてはいけません。
引落日までに返済額を用意していなければ利子が発生するだけでなく、現金化したことがバレやすくなるので注意しましょう。

業者を使わず自分で現金化をする時に注意すること

現金化業者を利用せずにあえて自分自身でクレジットカード現金化を行う際には事前に次のようなことを理解しておかなければなりません。

自分で現金化するのはリスクだらけ!

クレジットカード現金化を自分で行う際のデメリットでも伝えましたが、自分自身で行う現金化はリスクでしかありません。
繰り返しになりますが、カード会社ではクレジットカード現金化をカード規約にて禁止しています。
クレジットカード現金化を自分で行うと、カード会社に現金化していることがバレやすいのです。

なぜクレジットカード現金化を自分でするとカード会社に現金化していることがバレやすいのか、いくつか理由をピックアップしてみました。

  • 換金性の高い商品を購入している
  • 同じ商品を何度も購入している
  • 返済が滞る・遅延

クレジットカードを利用すると明細書にどこで商品を購入したのかがわかりますよね。
商品内容まではほとんどの場合はっきりとわかることはありませんが、例えば、高級ブランド店名であったり、家電ショップであれば利用した金額も大きいので目立ちます。
とくに、クレジットカードを作成したばかりで高額商品を購入した場合には注意しなければなりません。

1回だけ高い商品を購入したってバレないだろうと思われますよね。
既に長い間クレジットカードを利用しているかたなら知っているかと思いますが、ここ最近のカード会社は本当に厳しくなっており、普段使わないような金額を1度でも使った場合、すぐにカードを利用停止にします。
カード会社に連絡してどこで何を何のために買ったのかと説明できれば比較的簡単に利用停止を解除してくれますが、不審な点があれば利用停止のままとなるので、甘い考えはご法度。
同じ商品を何度も購入していれば当然ながらカード会社から目をつけられやすくなります。

さらに、現金化をしていなくてもカード会社への返済が滞っている利用者はカード会社の目にとまりやすいです。
カード会社への返済が滞っていて、尚且つ高い商品を買い続けている利用者は現金化していると思われやすいため、現金化がバレるのも時間の問題だといえるでしょう。

新幹線の回数券はカード決済することができない

新幹線の回数券は換金率が95%以上になることもあるほど換金率の高い商品として知られており、現金化では定番の商品。
理論上はみどりの窓口へ行ってクレジットカード決済で回数券は購入することができます。

しかし、現金化するために回数券を購入しようとしたたら、急にクレジットカードが使えなくなってしまったなんてことがあります。
なぜなら新幹線回数券はクレジットカードの自動検知システムに引っかかる可能性が高いため。

みどりの窓口でクレジットカード決済は可能ですが、新幹線の回数券は現金化によく使われることもあって、カード会社が既に対策に出たといえるでしょう。
自動的に停止されたカードはカード会社に連絡して現金化のためではないことを伝えればすぐに解除してくれるかもしれませんが、確実に一人では乗りこなせないような量の回数券を購入した場合には再び現金化を疑われるので注意が必要です。

商品券やギフト券もカード決済することができない

商品券やギフト券も新幹線の回数券と同様、クレジットカード現金化によく利用されるアイテムです。
しかし、ほとんどの商品券やギフト券はクレジットカードで購入することはできません。
いくつかの商品券やギフトカードはクレジットカード払い(オンライン決済が中心)に対応していますが、利用できるクレジットカードの種類は各商品券で限られたもののみとなっています。
また、基本的には一括払いであることも注意しましょう。

自分でやるのは危険!クレジットカード現金化業者を使う方法が良い理由

自分でクレジットカード現金化をすることはできます。
しかし、クレジットカード現金化を自分で行うことは危険だとわかっていただけたはずです。
では、どのようにしてクレジットカード現金化をするべきなのかというと、現金化業者を利用することをおすすめします。

メディア編集部
クレジットカード現金化をするなら現金化業者を利用するのが良い理由は次の3つのポイントです。
  • 安全性が高い
  • 手間や時間がかからない
  • 高換金率となる可能性がある

それでは、細かく現金化業者を利用するのが良い理由について見ていきましょう。

安全性が高い

何度も伝えているとおり、自分でクレジットカード現金化をするのは非常にリスキーなこと。
クレジットカード現金化どころか、クレジットカードが利用できない、持てなくなってしまう恐れがあるからです。

一方、現金化業者を利用すると、クレジットカード現金化がバレることはほとんどありません。
なぜなら安全対策がしっかりとなされているから。

メディア編集部
現金化業者ではどんな安全対策がなされているのかをピックアップしてみましたよ。
  • 明細書に詳細が記載されない
  • 価値の低い商品を購入する
  • 現金化のプロである

何と言っても、現金化業者はクレジットカード現金化のプロです。
今まで何件もの依頼を受けてきているため、カード会社の動きを常にチェックしてそのたびに安全対策をアップデートしているだけでなく、常に安全な現金化ができるよう徹底しています。

また、自分でクレジットカード現金化をすることはバレやすいと伝えましたが、バレやすい原因はカード明細です。
現金化業者を利用すると、一般的にはカード明細に業者名が記載されていることはありません。
しかも、実店舗ではなくネット運営のみの現金化業者を利用すればほとんど価値のない、換金率の低い商品を購入することになります。
高級ブランドの商品だと、どんなに低くても数万円は下りませんし、ブランドショップ名が明細書に記載されているため、現金化したことがバレやすいです。
しかし、聞いたこともないようなショップで価値の低い商品を購入してもカード会社は現金化しているとは思いません。
そのため、自分でクレジットカード現金化するよりも現金化業者を利用した方が安全性は圧倒的に高いのです。

ただし、残念ながら現金化業者の中には悪徳業者も多いです。
悪徳業者に引っかかってしまうと、大切な個人情報を売られてしまったり、詐欺のようなトラブルに巻き込まれる可能性があるので、事前に業者選びは徹底しましょう。
気になる現金化業者の口コミや様々な比較サイトを見ることで優良業者は簡単に見つけることができますよ。

また、現金化業者には実店舗を持つタイプと、インターネット上でのみ運営する無店舗型の業者が存在します。
実店舗を利用する場合は自分でクレジットカード現金化することと同じなので、リスキーです。
そのため、無店舗型の業者を利用することをおすすめします。

手間や時間がかからない

現金化業者には実店舗と無店舗型の業者が存在することは伝えたとおりです。
無店舗型の方が安全性の高さはもちろんのこと、手間や時間がかからないこともおすすめのポイント。
なぜなら、無店舗型はインターネット環境が整っていればどこからでも申し込みや手続きをすることができるから。
もちろん、電話での受付も可能ですが、どの現金化業者も混み合っているようで電話がつながりにくい状況となっています。
公式サイトにある問い合わせフォームから依頼した方が断然早く手続きしてもらえることが多いので、利用の際はメールがおすすめです。

自分で現金化をする場合、どこかのショップに行く時間はもちろん、ショップへ行くまでにショップ検索や換金性の高い商品を探して購入するまでの時間もかかりますよね。
ところが、現金化業者を利用すれば業者へ出向く必要もなければ、換金性の高い商品を調べて購入しに行くこともなく、業者が指定したサイトで指定した商品を購入するのみ。
手間も時間もかからず、最短5分で現金を手にすることができます。
忙しいかたにはもちろん、地方に住んでいるかたでも換金率の高い首都圏にある業者を簡単に利用することができるのです。

高換金率となる可能性がある

自分でクレジットカード現金化をすると換金率が高くなることもありますが、とくに初心者の場合は低くなってしまうのが一般的。
しかし、現金化業者の中でも優良業者を利用すれば高換金率で現金化を行うことができます。

ちなみに、優良業者とはどんな業者なのかというと、次のようなポイントを満たしている業者です。

  • 高換金率(80%以上)であること
  • 安全対策が施されていること
  • 入金までがスピーディー
  • スタッフの対応が良い
  • 営業時間が長い
  • 口コミでの評価が高い、よい口コミが多い

高換金率でなければ優良業者とは言えないので、比較サイトや口コミで換金率が高いとすこぶる評判であれば優良業者であり、高換金率を提供してくれると思って間違いないでしょう。
ただし、口コミや比較サイトも100%の情報ではないため、参考程度にとどめておくのがベストですよ。
また、よい口コミしかないような業者は自作自演している可能性が高いため、あまり信用するべきではありません。

自分でやるクレジットカード現金化に関するよくある質問(Q&A)

自分でクレジットカード現金化をしたいと思っているかたはとくに、疑問や質問が多いでしょう。
そこで、ここでは自分でやるクレジットカード現金化に関してよくある質問と回答をまとめてみました。

クレジットカード現金化の限度額はいくらですか?
限度額はありませんが、クレジットカードのショッピング枠の上限額が限度となります。
クレジットカード現金化をするときには何が必要ですか?
買取業者では必ず身分証明書の提示をすることが法律で定められています。
高換金率のクレジットカードは何ですか?
自社端末を導入する店舗では利用者から同意を得た上でカード決済を行いますが、Visaやマスターカードは決済費用が少ないため換金率は他のカードを利用するよりも高くなる一方、JCBやAMEXは決済費用が高く、高換金率にすると業者の利益が少なくなるので利用者の換金率は低くなります。

クレジットカード現金化をするなら現金化業者を利用しよう!

ご覧いただいたとおり、クレジットカード現金化を自分でするのはとってもリスキー。
クレジットカード現金化自体、カード規約に反することなので利用はおすすめしませんが、どうしても利用する必要がある場合は現金化業者を利用しましょう。
現金化業者を利用すれば、カード会社に現金化したことがバレにくく、安全対策も施されているからです。
その際には優良業者を利用すれば換金率も高く、安心して利用できるので事前にチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる