MENU

    クレジットカード現金化で後悔しやすい人や体験談から見る後悔しない方法

    「え!換金率って90%以上じゃないの?!クレジットカード現金化しなければ良かった…」
    「あのクレジットカード現金化業者を使わなければ詐欺に遭わなかったのに…後悔している」
    「クレジットカード現金化をしてカードが利用停止になってしまった!」

    クレジットカード現金化は審査もなく、簡単に現金を手に入れることができる手段として需要は高いです。

    メディア編集部
    しかし、クレジットカード現金化はトラブルも多く、トラブルに巻き込まれた方はクレジットカード現金化をしたことを後悔しています

    ここではクレジットカード現金化をして後悔した方の体験から、クレジットカード現金化で後悔しないための方法をご紹介していきます。

    今すぐ現金が欲しい方は「即日現金化できる後払い(ツケ払い)サービス18選|最短審査なしで可能」を参考にしてください。

    目次

    クレジットカード現金化で後悔した人の体験談をご紹介!

    クレジットカード現金化を利用して後悔された方少なくありません。
    そんな方たちの体験談をご覧いただきましょう。
    クレジットカード現金化で後悔した人の体験談

    換金率がとても低かった

    換金率が悪くて後悔された方は各現金化業者に必ずいます。
    クレジットカード現金化による後悔で1番多い事例です。

    メディア編集部
    それでは、体験談を見てみましょう
    換金率90%以上とあったから利用したのに、入金されたのは70%以下だった。あまりにも低くて現金化業者に問い合わせたら、「配送料などの手数料を差し引かせていただいたので、この入金額になりました」と、しれっと言われました。
    そんなの最初から説明するべきだと思ったので文句を言うと、現金化業者はそういうクレームに慣れているのでしょうね。うまいこと言ってきて、結局こちらが折れるしかありませんでした
    ホームページには換金率98%とあったのに、実際に換金したら70%くらいだった。以前利用していた現金化業者の方が換金率も良かったし、対応も良かったからすごい後悔しました。
    今まで使っていた業者を利用すれば損することはなかったのに…

    ホームページに記載されている換金率と実際の換金率は異なることが一般的です。

    メディア編集部
    本当はそうあってはいけないのですが…
    ホームページに記載されている換金率ではなく、入金額を重視するようにしてください。
    ここがポイント!
    入金額は申し込み前に必ず現金化業者に確認を取りましょう。
    メールや紙面で見積もりをもらうと、入金額が間違っていた時の証明となるので、おすすめです。

    現金が振り込まれなかった

    これもよくあることなので、押さえておきましょう。

    早急に現金が必要になったので、初めてクレジットカード現金化を利用することにしました。
    実は、当時ギャンブルにハマっていて、すった分を取り返そうと、すった分と同じ5万円を現金化しようと思ったのです。
    たまたまネットで見つけた現金化業者に依頼すると、5万円利用すれば90%にあたる4.5万円を振り込むと言われたので、ちょっと怪しいと思ったのですが、焦っていたのですぐに5万円の現金化を申し込みました。
    クレジットカード決済をして30分経っても、2時間経っても振り込まれる気配はなく、急いでいたので業者に連絡すると、電話に出ないのです。
    何度電話してもつながらず、結局、振り込まれることはありませんでした。
    もちろん、ギャンブルですった分を取り戻すこともできませんでしたし、無駄に5万円も取られてしまい、かなり損することとなりました
    どうしても欲しいものがあったので、現金が必要でした。でも、闇金や消費者金融に手を出すのは怖かったので、クレジットカード現金化を利用することにしたのです。
    一応口コミなどでもチェックして、換金率が良くて、10分以内に入金してくれるという業者を選びました。
    換金率は98%で、10万円利用すれば98,000円入金されると思って、ろくにスタッフの説明も聞かずに現金化を申し込みました。
    さすがに10分では入金されないだろうとは思っていたのですが、3時間以上待っても入金されないのです。
    業者に連絡しようと思っても、メールのみでの対応だったので、何度メールしても返信はありませんでした。
    欲しいものも変えず、10万円も無駄になりました
    メディア編集部
    最初の方は怪しいと思った時点で取引を中断すべきだったのでしょうが、どちらの方も現金が欲しいという焦りがあるので、取引中断の選択肢は選べなかったようですね

    現金化業者の80%以上が悪徳業者だと言われています。
    逆に言えば、現金化業者の中にはほとんど優良な業者が存在しないということです。
    そのため、こういった詐欺まがいのケースは非常に多く発生しています。
    しかし、クレジットカード現金化はカード規約に反していることもあり、カード会社はもちろん、警察もまともに取り扱ってくれないどころか、あなたの非を暴くことになるので、泣き寝入りするしかないのが現状です。

    クレジットカードが利用停止になった!

    ここがポイント!
    まず、最初にお伝えしたいことは、クレジットカード現金化はカード規約に反する行為ですが、クレジットカード現金化は違法ではありません。
    しかし、これはクレジットカード現金化を取り締まりにくい(現金化したかどうかの判断がしづらいため)ことが原因であって、極めてグレーゾーンであることは忘れてはいけません。

    メディア編集部
    このことを踏まえた上で次の方の体験談をご覧ください
    自営業を営んでいたのですが、資金繰りが上手くいかず、生活費すらもほとんどない状態でした。
    その後、運営資金ももちろん回らなくなり、さらに、50万円を用意する必要が出てきました。
    担保もない状態に消費者金融すら融資してくれるわけもなく、どうしようと思っていた所にクレジットカード現金化という方法を知ったのです。
    クレジットカードのショッピング枠を換金するだけなので違法ではないとあったので、「優良」と言われている現金化業者を利用したのです。
    新幹線の回数券を入金額が50万円になるように購入し、現金化業者へ送ると、翌日には50万円が入金されました。
    これで一安心と思ったのもつかの間、数日後、カード会社から「不正利用の可能性があるので一時的にクレジットカードを利用停止にさせていただきます」と、連絡が入ったのです。
    なぜだろうと思ってカード会社に聞いたのですが、クレジットカード現金化はカード会社の利用規約で禁止されている行為だからと言われました。
    カード会社に「知らなかったのです」と、伝えましたが、そのまま カードは利用停止状態になり、数日後又連絡が来ました。
    悪質な行為だとカード会社に判断されたため、今まで利用した額すべてを一括払いさせられました。
    クレジットカードも剥奪され、それ以降新しいクレジットカードを作成しようとするも審査に全然通らなくなってしまいました。
    クレジットカード現金化なんて利用しなければ良かったです

    換金性の高い商品を購入すると、クレジットカードの利用停止リスクは高くなります。

    メディア編集部
    例えば、こんな商品を購入すると危険です

    ・新幹線の回数券
    ・金券(図書カードやビール券など)
    ・商品券
    ・ゲームの本体
    ・ブランド物のアイテム

    1度だけ無理のない量の購入であればカード会社もそんなに敏感にはならないでしょう。
    しかし、この体験談の方のように一気に50万円以上もの新幹線の回数券を購入すればすぐにカード会社は異常を察知してカードを利用停止とします。

    ここがポイント!
    予めこういった知識を押さえておかないと、クレジットカード現金化を利用するどころかクレジットカードを持つことすらできなくなってしまうということです。

    カード情報が盗まれた!

    優良な現金化業者を選ばないと、大切な個人情報を盗まれ悪用されるケースもクレジットカード現金化ではよくあることです。

    メディア編集部
    カード情報を盗まれた方の体験談も見てみましょう
    クレジットカード現金化では無事に入金してもらってよかったなと思っていたのです。
    しかし、後日クレジットカードの明細書を見てみると、見覚えのない支払額があり、「こんなの使ったっけ?」と、その時点では詳細がわからなかったので、「いいや」と、思っていたのです。
    でも、何だか怖かったので、その後からはクレジットカードを利用した後は必ずメモすることにしていました。
    すると、翌月も明らかに利用していない額が明細書に記載されていたので、これはクレジットカード現金化を利用した際にカード情報が盗まれたと思いました。
    すぐにクレジットカードを停止してもらい、新しいクレジットカードを発行してもらったのですが、クレジットカード現金化を利用しなければこんな面倒で怖いことは怒らなかったのにと、思わずにはいられません

    カード情報が盗まれた後、カード会社に「現金化業者にカード情報を悪用された」と、言っても、現金化したことがバレてクレジットカードを強制解約させられるでしょう。
    そのため、現金化業者にお金を盗み取られても返金は期待できません。

    ここがポイント!
    クレジットカード現金化を利用することはおすすめしませんが、もし利用するのであれば優良業者を選ぶことが重要です。
    メディア編集部
    では、クレジットカード現金化をして後悔した後はどうなってしまうのか、動画で見てみましょう
    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる