MENU

    クレジットカード現金化が怖い6つの理由と怖くないクレジットカード現金化の方法は?

    「クレジットカード現金化をしたいけど、何だか怖い…」
    「クレジットカード現金化をした人の体験談が怖かった」

    など、クレジットカード現金化に対して怖いイメージを持っている方は多いです。

    メディア編集部
    実際に、クレジットカード現金化は怖いのです!

    なぜクレジットカード現金化は怖いのか、また、「怖くない」クレジットカード現金化の方法などについてこの記事を読めば理解していただけますよ。

    目次

    みんなのクレジットカード現金化に対する怖いイメージを聞いてみました!

    クレジットカード現金化が怖いと思っているのはあなただけではありません。

    メディア編集部
    クレジットカード現金化がなぜ怖いと思うのか、現金化に対するイメージを聞いてみました

    ・ブラックな業者が多そう
    ・騙されそう
    ・どんなサービスなのかよくわからない

    メディア編集部
    まさにあなたもこのいずれか、もしくはすべてに該当するのではないでしょうか?

    「クレジットカード現金化」という言葉自体も利用したことがない方には良くわかりませんし、とにかく怪しい雰囲気が漂っていますよね。
    口コミなどをチェックしている方は、「騙された」なんて言葉も目にされたでしょうし、そこからブラックな現金化業者が多そうというイメージにつながっていることでしょう。

    メディア編集部
    実際にクレジットカード現金化は怖いものなのです。その理由を次項でご紹介していきましょう

    クレジットカード現金化は怖い!6つの理由をお教えします!

    ハッキリ言って、クレジットカード現金化は怖いサービスです。

    メディア編集部
    では、なぜクレジットカード現金化が怖いのか、6つの理由を見ていきましょう

    悪徳業者がたくさん存在する

    悪徳業者
    まさにイメージ通り、現金化業者に悪徳業者は多いです。
    その数はなんと、全体の8割以上にも上るのです!
    悪徳業者といっても種類は色々ありますが、例えば、通常、現金化をする前に実際の換金率などを聞くことはできますし、問題とならないよう、事前に疑問があるならすべて聞いてクリアにした上で利用すべきです。
    しかし、悪徳業者の場合、「換金率や振込時間を教えてください」と、質問しても「申し込みしないと、詳細は教えられません。それが無理なら申し込まなくていいんで」なんて、上から目線の対応をしてきます。
    時には汚い口調で罵ってくることもありますし、法外な手数料を請求されるなど、現金化業者には様々な悪徳業者が存在します。

    メディア編集部
    悪徳業者の手口については後程詳しくお伝えしていきますので、そちらもしっかり読んでくださいね
    ここがポイント!
    申し込む前に怖いと感じたら、その時点で電話を切るなど、取引を中断しましょう。

    詐欺などの被害に遭うことがある

    詐欺などの被害に遭う
    現金化業者には悪徳業者がいることはわかりましたが、中には詐欺を働いたり、あなたのクレジットカード情報を利用して盗みを働くなど、卑劣な行為をする業者もいるのです。
    特に、現金化についてよく調べもせず適当な現金化業者を利用してしまうと、詐欺の被害に遭う可能性は高いです。
    しかも、詐欺に遭ってもカード会社や警察は助けてくれません。

    メディア編集部
    なぜ警察は助けてくれないのでしょうか?
    ここがポイント!
    なぜならクレジットカード現金化はカード規約に違反する行為であり、カード会社に使用額を返済する前に商品売買を行っていたら横領罪となるためです。

    逆に警察に被害を訴えたことで横領罪がバレて警察のお世話になってしまうリスクもあるということも覚えておいてくださいね。

    クレジットカードが利用停止となるリスクがある

    クレジットカードが利用停止
    先述した通り、クレジットカード現金化はカード規約に反する行為です。
    クレジットカード現金化がカード会社にバレると、カードは一時的に利用停止となり、カード会社から何の目的で商品を購入したのか確認の連絡がきます。

    メディア編集部
    それだけで済むならまだ良いかもしれません

    カード会社による調査の結果、クレジットカード現金化が確実となれば、クレジットカードはそのまま利用できなくなります。
    さらに、クレジットカードがはく奪されるのはもちろんのこと、カードを強制解約させられて残債を一括返済しなければなりません。

    メディア編集部
    それだけではありませんよ!

    「新しいカードを作ればまた同じように現金化することができる」なんて甘い考えをもっている方は要注意です。
    クレジットカードを強制解約させられると、一定期間新しいクレジットカードを発行してもらうことはできません。
    強制解約となったカード会社だけでなく、既にあなたの情報はブラックリストに登録されているため、他のカード会社でも新たなクレジットカードを作ることはできないので、当然ながら現金化することもできなくなります。

    クレジットカード現金化がカード会社にバレたらどうなるのか、クレジットカード現金化をしてカードが利用停止となった方の体験談を動画で見ていただきましょう。

    現金化は高利!借金地獄への始まりとなる

    借金地獄
    既に現金化を何度も利用されている方は借金地獄への道がスタートしていると思ってください。
    クレジットカード現金化は、審査もなく、本人名義のクレジットカードを持っている人なら誰でもできる手軽さが魅力ですよね。

    メディア編集部
    しかし、クレジットカード現金化には大きな「罠」があるのです
    ここがポイント!
    消費者金融やキャッシングよりもはるかに手数料が高い、高利のサービスであることを覚えておいてください。

    キャッシングの金利はカード会社によって異なりますが、16~20%弱です。
    しかし、クレジットカード現金化による金利(手数料)は実質20~30%と、決して安くありません。

    メディア編集部
    何度も現金化を利用していれば当然ながら借金地獄となっていくことは想像に難くありませんよね?

    クレジットカード現金化によって借金地獄に陥る仕組みを動画でご覧いただきましょう。

    新たな借り入れはしばらくできなくなる

    新たな借り入れはしばらくできなくなる
    クレジットカード現金化がカード会社に発覚すると、クレジットカードを持つことも、新たに作成することもできないことはお伝えした通りです。

    メディア編集部
    では、現金がどうしても必要になった時に現金化以外の方法で借入することはできるのでしょうか?
    答えはもちろん、NO!です。
    カード会社に現金化がわかり、処罰を受けた後は一定期間どんな方法でも借り入れすることはできません。
    闇金ならお金を貸してくれるかもしれませんが、それこそ暴利で、さらに借金地獄へと陥ってしまい、挙句の果てには自己破産するしかなくなってしまいます。

    メディア編集部
    ところが、ここでも問題が出てくるのです。その「問題」については次項でお教えしますね

    自己破産ができなくなってしまう

    自己破産ができなくなってしまう
    クレジットカード現金化が原因による自己破産は法律で認められていません。
    クレジットカード現金化を利用したことで借金地獄になっても、カード規約違反を犯していますし、場合によっては法律に違反した行為となりますから、法律もあなたを助けてはくれません。

    ここがポイント!
    クレジットカード現金化は免責不許可事由に該当する借金とみなされるからです。

    つまり、最終的な借金苦から逃げ出す方法すらクレジットカード現金化をしてしまうとできなくなってしまうのです。

    悪徳現金化業者の怖い手口とは

    メディア編集部
    具体的に悪徳業者がどんな怖い手口を使って利用者を陥れるのかご紹介していきますね

    誇大広告で誘惑する

    誇大広告
    正直、現金化業者のホームページはほとんどが誇大広告です。
    例えば、「換金率最大98%以上!振り込みまで最短3分」なんてうたい文句はよく目にしますよね。
    しかし、実際には換金率は利用額に応じて変動することがほとんどです。
    一般的には利用金額が10万円~50万円に対して換金率は80%ほどが相場となっています。
    ところが、悪徳業者では70%前半台、もしくはそれ以下のこともあり、振り込みはリピーターであっても3分で入金されることは皆無に等しいです。

    闇金に顧客情報を流す

    闇金に顧客リストを流すことが目的の現金化業者も存在します。
    低換金率で取引が成立すればラッキー、利用者が申し込まなかった闇金にリストを売って稼いでいる悪徳業者もいるのです。

    「紹介」手数料を請求する

    メディア編集部
    こんな悪徳業者もいますよ

    利用者:現金化をお願いします!
    業者A:かしこまりました。

    現金化の手続きをしている

    業者A:このカードは決済できなかったので、当店では現金化できませんが、別の現金化業者をご紹介しましょうか?
    利用者:お願いします!
    業者A:わかりました、B社の電話番号がxxですのでおかけください。
    利用者:ありがとうございます。

    メディア編集部
    ここまでなら親切だなと感じますよね?でも、続きがあります
    利用者は現金を求めていて冷静な判断力はありませんから、当然B社のことをあまり調べもせず現金化してもらおうとすぐ様連絡します。

    利用者:現金化したいのですが。
    業者B:かしこまりました、お手続きさせていただきます。

    現金化の手続き中…

    業者B:現金化できました。入金額は〇円となります
    利用者:良かった!現金化できたんですね!ありがとうございます。
    業者B:はい、ただ、A社への紹介手数料が発生しますので、その分をお支払いいただく必要があります
    利用者:え!?そんなの聞いていません!
    業者B:お支払いいただかないと入金はできません。

    既にこの時点でカード決済は済んでいるため、入金してもらえないとなると、全額損することになります。
    それを考えると、入金してもらうために「紹介手数料」を支払うしかないと、利用者は泣き寝入りする方がほとんどなのです。

    そもそも、現金化業者に対して紹介手数料を払う必要はありません。ありもしない手数料を請求してくる悪徳業者が存在することを頭に入れておいてください。

    入金額が少ない、もしくは振り込まれない

    これもよくあるパターンです。
    サイトのみの運営をしている無店舗型の現金化業者のデメリットの1つが、振り込まれるまで不安な思いをすることです。
    その不安が的中し、現金化業者から一銭も振り込まれなかった、もしくは聞いていた金額よりも低い額しか入金されなかったなんて経験をされた方は少なくありません。
    中には入金するといって入金せず、利用者が業者に連絡して請求しようとしても、何度電話しても電話がつながらなくなってしまうこともあるのです。

    現金化業者が振り込まない時も、また、入金額が少ない時も現金化業者に文句を言っても絶対に払ってくれません。
    また、警察やカード会社に訴えてもカード利用停止のリスクは避けられない上に、まともに取り扱ってくれないことも覚えておきましょう。

    カード情報を盗む

    現金化業者の会員カードを作るといって、クレジットカードのコピーや写メなどの画像を送るように現金化業者に指示され、そこから大切なクレジットカードの情報を盗み取られてしまう被害もあります。

    メディア編集部
    しかも、被害に遭ったことに気づきにくいのがこのケースの怖さなんです

    クレジットカードの情報を盗み、それを使って現金化業者がお金を盗み取るのですが、日頃からクレジットカードの明細をこまめにチェックしたり、しっかりと利用した分を把握している方はすぐにこの犯罪に気づきます。
    しかし、クレジットカードの管理を徹底していない方は他人が勝手に自分のカードでお金を盗み取っているなんて気づかないのです。
    特に、現金化を頻繁に行っている方はお金の管理にルーズな方が多いです。
    そのため、カード情報が盗まれていることに気づかず、知らぬ間にお金も盗み取られ続けてしまいます。

    メディア編集部
    ここまで読んでいただけたらクレジットカード現金化の怖さはわかっていただけたでしょうが、それでも現金化しようと思っている方のために、「怖くない」クレジットカード現金化の方法を次項では見ていきたいと思います

    怖くないクレジットカード現金化の方法なんてあるの?

    メディア編集部
    「怖くない」クレジットカード現金化の方法とはどんなものか、早速見ていきましょう

    優良現金化業者を利用する

    まずは何といっても優良現金化業者を利用することです。

    メディア編集部
    優良現金化業者って何?と、思われた方のために優良現金化業者かを判断するためのポイントをご紹介しますね

    ・カードトラブルを今まで起こしたことがない
    ・振り込みまでがスピーディ
    ・HPには「事実」を記載している
    ・スタッフの対応が丁寧・迅速・親切である
    ・口コミや比較サイトでの評価が高い

    これらすべてを満たしている現金化業者は優良だと判断して良いでしょう(もちろん、100%そうだとは言い切れませんが)。

    ここがポイント!
    優良業者を利用すれば、クレジットカード利用停止のリスクや詐欺の被害となる可能性は低くなります。
    また、優良業者は高換金率ですから、損も少なくなります。
    メディア編集部
    少しでも現金化のリスクを避けたいなら優良業者を利用することはマストなんです

    自分でクレジットカード現金化はしない

    まずは、おすすめしないクレジットカード現金化の方法を動画でご覧ください。

    この動画ではクレジットカード現金化の怖さを回避するために自分自身で現金化することを勧めています。
    しかし、自分自身で現金化することは非常にリスキーなのです。
    なぜなら、高額で換金性の高い商品を購入することが基本となるからです。
    カード会社は、現金化の取り締まりを強化しています。
    中でも、高額の商品を購入している人や換金性の高い商品を購入している人はすぐにでもカードを一時的に利用停止する可能性が高く、危険です。

    ここがポイント!
    カードが利用停止とならないよう、自分自身で現金化することは避け、高額商品や換金性の高い商品を購入することも避けましょう。

    女性スタッフが対応してくれる業者を選ぶ

    女性スタッフが対応してくれる業者
    精神面での恐怖を取り除くことができる方法が、女性スタッフが対応してくれる優良業者を利用することです。
    よく口コミにも寄せられているのですが、「男性スタッフに対応されると緊張する」、「男性スタッフには言いたいことが言いにくい」などと思う方が多いのです。

    メディア編集部
    この感情も一種の「怖さ」に値しますよね?
    しかし、女性スタッフに対応してもらうと、声のトーンや物腰が柔らかな方が男性スタッフよりも一般的には多いため、利用者も安心して申し込むことができると考える方が多いのです。

    ただし、「女性スタッフが対応しているから安心」という利用者の気持ちを逆手に取って詐欺を行う悪徳業者もいますので、ご注意ください。

    クレジットカード現金化は怖い!怖さを抑えるなら優良業者を選ぶことが重要!

    クレジットカード現金化を利用することはおすすめできないことですし、クレジットカード現金化は怖いことだということが記事を読んでわかっていただけましたよね。
    ハッキリ言うと、メリットなんて1つもないサービスなのです。
    しかし、どうしても現金化する必要があるのなら、優良業者を利用しましょう。
    優良業者を利用すればクレジットカードの利用停止リスクや詐欺に遭う可能性を抑えることができます。

    メディア編集部
    優良業者はホームページはもちろん、比較サイトや口コミ評判などをよく確認してくださいね
    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる